FC2ブログ









夢の永久機関??作れないのか?(^^)

永久機関って絶対に作れないの?

 
いつも考えるんだよね~夢の永久機関(^^)
夢のエネルギー
 
あくなき夢でございます。
 
 
 
 
 
永久機関って

永久機関とは、外部からエネルギーを受け取ることなく、仕事を行い続ける装置である。
古くは単純に外部からエネルギーを供給しなくても永久に運動を続ける装置と考えられていた。しかし、慣性の法則によれば外力が働かない限り物体は等速直線運動を続けるし、惑星は角運動量保存の法則により自転を続ける。そのため、単純に運動を続けるのではなく、外に対して仕事を行い続ける装置が永久機関と呼ばれる。


■かつて考えられた永久機関の試み

第一種永久機関


第一種永久機関の例。時計回りに機関を回転させると、上部でおもりを乗せた棒が倒れるため、支点からの距離が長くなり、機関の右側がさらに重くなって回転が続く、というもの。しかし実際には、機関の左のほうがおもりの数が多くなってしまい、機関は左右がつりあってしまうため、回転は停止する。




 


毛細管現象による永久機関


毛細管現象によって細管を上った水が落下することにより反時計回りの水流が起こると考えられた。ロバート・ボイルの名前を冠してBoyle's Self Flowing Flask(フラスコ)と呼ばれる







浮力による永久機関


黄色い浮きの浮力(アルキメデスの原理)によってベルトが反時計回りに回ると考えた







オルフィレウスの永久機関


車輪と連結した錘が移動する事によって車輪を回し続けるとされる




 
 
 
■永久機関への挑戦
 

 
 
潮力発電があるよ
他の国では稼動してる

適した地形を探すのが難しいらしい



http://ja.wikipedia.org/wiki/潮力発電

 
東大と中央大の研究でマクスウェルの悪魔の実在証明したよなあ
情報をエネルギーに変換するのが可能になったから
不可能ではないんじゃね?



マクスウェルの悪魔とは、1867年ごろ、スコットランドの物理学者ジェームズ・クラーク・マクスウェルが提唱した思考実験、ないしその実験で想定される架空の、働く存在である。
分子の動きを観察できる架空の悪魔を想定することによって、熱力学第二法則で禁じられたエントロピーの減少が可能であるとした。



 
 
 
 
理論上
エネルギーを外部に出力することを前提としない永久機関なら摩擦とか0にできれば可能
ただし一般的な意味での永久機関である一度起動後一切外部からのエネルギー供給なしに動き続けエネルギーの一部外部出力をしても動き続けるのは熱力学第一法則(エネルギー保存の法則)【外部とのエネルギーの交換がない限り一定範囲内のエネルギーの総和は変わらない】に縛られないエネルギーが発見されないと無理

 
 
う~~~ん(^^;
何か頭痛くなってきた(大笑)
仕事も終わったし、
帰って酒でも飲んで寝るか。
 
 
それでは皆様まった明日(^^)


転載元: ローリーJ 夢の彼方へ!

関連記事
スポンサーサイト



[ 2014/03/09 18:18 ] 笑い | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okonnba.blog29.fc2.com/tb.php/993-088e0e8b