2015/10/11

就職氷河期世代のあまりにも残酷な現実・ 宗教内閣でTPP一人負け

ID:tona5u
新聞の記事は
 団塊世代が再び集い、健康づくりや社交の場として活用し始めた。
・・・か・・・!?

団塊世代は 人数も多いしお金持ちが多いです。
私の家の周りにも 家も立派な家が 次々に建てられています。


それに比べ
団塊世代の 子供たちも 親世代のように
大人数ですが・・
非正規雇用が 多すぎます。
高学歴で 少ない人は正社員になっても・・
過酷な、ブラック企業ばかりになり・・
転職するたび 過酷な仕事しかありません
その 就職氷河期世代が 40代になるとの
記事を 記載した雑誌を
昨日 本屋さんで 見ました。


多くの方が、ブログに 記事を紹介しています。
ヤフーブログだけでも 100はありました。

多くの方が 心配していいることが分かります。

アルバイト、パート、派遣、請負など非正規労働者の増加が止まらない。平成元年(1989年)に817万人で全体の約2割だった非正規労働者は2014年に1962万人まで増加。全体の37%と4割近くに迫っている。今や労働者の実に3人に1人が非正規だ。中でもこれから深刻な問題として顕在化してくるのが「中年フリーター」の問題だ。その中心は1990年代半ばから2000年代半ばに新卒として社会に出た「就職氷河期世代」の非正規労働者だ。氷河期最初の世代はすでに40代に突入。年齢的に正社員に就くのが困難であるだけでなく、体力の衰えとともに働けなくなってくる。
情報源: 「中年フリーター」のあまりにも残酷な現実 | 最新の週刊東洋経済 | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト
どんなに 心配しても
政権党の 安倍総理は、富裕層のために

安い賃金の労働者を増やします。

非正規雇用など 低所得者を減らさないと
少子化が進み続けて 日本は住み難くなっていきますが・・

自民党の勢いを止められませんね。

ナゼ・・・でしようね。

自民党を少しでも 批判すると ネットウヨなど ヘイトスピーチが
すごい勢いで 攻撃します。

安倍総理の最大支援団体は 宗教団体で ネットウヨが代理で反論者の攻撃をしていますね。

なんで・・?
政権維持の最大支援が宗教なのか・・

と 考えてみました。

遠い昔
奴隷を 過酷な労働で使えば 絶望してうつ病になり使えなくなったり
 自殺したりして 支配者は 儲けが減るのを 防ぐため 宗教を造った。

どんなに 苦しくても 神が救ってくれる。
死後も・・・幸福になれると

今の日本も・・同じですね。
小沢さんが 野党連合呼びかけて

自民党に対抗出来る政治を呼びかけても・・
民主党は 非正規雇用者を差別したい連合系組合は 左翼とは組めないとか言ってませんか・・?

左翼てなに・・?
宗教を認めないから嫌い・・?

自民党も公明党も宗教が最大支援ですから・・

民主主義と言っても
宗教で洗脳した少数者で支配する。

少数の支配者だけが 得する政治ですね。

今の貧困格差を拡大維持するは 宗教!

日本は 宗教政治なんですよね。



 




 










関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント