FC2ブログ









死ぬことは悲劇ではありません

死ぬことは悲劇ではありません

死ぬことは悲劇ではありません。今日のような地上世界に生き続けねばならないことこそ悲劇です。利己主義と貪欲と強欲の雑草で足の踏み場もなくなっている大霊(神)の庭に生き続けることこそ悲劇というべきです。
 
“死ぬ”ということは物的身体のオリの中に閉じ込められていた霊(真の自我)が自由を獲得することです。苦しみから解放され真の自我に目覚めることが悲劇でしょうか。豪華けんらんの色彩の世界を目のあたりにし、地上のいかなる楽器によっても出すことのできない妙(たえ)なる音楽を聴くことが悲劇なのでしょうか。
 
利己主義もなく貪欲(どんよく)もない世界、魂の成長を妨げる金銭欲もない世界に生きることが悲劇でしょうか。あなたはそれを悲劇と呼ぶのでしょうか。一切の苦痛から解放された身体に宿り、一瞬の間に地上世界をひとめぐりでき、しかも霊的生活の醍醐味(だいごみ)を味わえるようになることを、あなたは悲劇とお呼びになるのですか。
 
死後の世界は下層界ほど地上とよく似ております。波長が同じように物的だからです。高い界層になるほど波長が精妙になってまいります。
 
物質万能主義がその高慢な頭をもたげ、霊的真理をことごとく否定しました。その説くところは実に意気軒昂でしたが、それがもたらした結果は無益な流血・悲劇・怨恨・倦怠(けんたい)・心の病・絶望・惨めさ・混沌・混乱を伴った世界規模の大惨事でしかありませんでした。しかし、大霊の声をいつまでも押し黙らせておくことはできません。霊的真理が今ふたたび宣戦を布告しました。その目的とするところは狂える世界に正気を取りもどさせることです。
 
わたしたちは惨めさと取り越し苦労と自暴自棄の念を地上から追い払おうと努めているのです。それに代わって素朴な真理と理性の光、神からのインスピレーションと啓示、あまりにも永いあいだ押しつぶされ、もみ消され、抑え込まれてきた霊の叡智をもたらすべく努力しているのです。
 
わたしたちは人間の霊性を正しい視野のもとに置いて、霊的能力を引き出させ、幼稚な物質中心思想の間違いを暴いて、それに永遠の別れを告げさせたいと願っているのです。
 
わたしたちは又、死にまつわる取り越し苦労と恐怖心をなくし、それが永遠の生命の機構の中でそれなりの役割を果たしていることを理解させてあげたいのです。
 
抜粋転載おわり
---------------------------------
 

この世の価値観や評価はあの世とは逆転していると言います。
「人生は一度限りであり、喰うか喰われるかの生存競争」
世の支配層はこの世がすべてであるとして熾烈な生存競争で
人類をありとある恐怖の闘いに追い込んでいます。
物質主義、拝金主義、出世主義
現代人が追い求めてやまないものこそ争いと苦悩の源泉です。
この世とは幻想の世界であり、あの世にこそ歓喜と平安と真理があるのでしょう…


転載元: この世の真相

関連記事
スポンサーサイト



[ 2014/04/21 21:51 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okonnba.blog29.fc2.com/tb.php/733-85020bb1