脱脂粉乳世代 2

真実を伝えたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国客船沈没 5歳女児救った命のリレー 船に残り生徒励まし…犠牲の教師も・・・どうして良い人ばかり亡くなるのだろう。

 普段は目立たず生活しているが、、、ヒーローはどこにでもいる。
 
 福島災害以降、どうも涙腺が緩くなったようで、つらいが(;^_^A
 
 どうして、最後まで生徒を避難させていた先生など、こうも良い人が亡くなっていくのだろう。
 
 良い人を犠牲にしないよう、より一層改善するためにも、
今回の事件を他山の石としなければならない。
 
(元記事)
韓国客船沈没 5歳女児救った命のリレー 船に残り生徒励まし…犠牲の教師も
産経新聞2014419日(土)07:56
 
 韓国旅客船「セウォル号」沈没事故は、犠牲者が増え続ける中、兄や高校生らの“命のリレー”で奇跡的に救助された5歳の女の子が韓国社会の希望の灯火となっている。生徒らを助けようと、最後まで船内にとどまり、犠牲となった教師らの姿も伝わり、感動と悲しみが広がっている。
 
 「お兄ちゃんが(救命胴衣を)脱いで、着せてくれたの」。聯合ニュースや地元紙によると、救助され、現場近くの木浦(モクポ)の病院に運ばれたクォン・ジヨンちゃん(5)は面会した叔母にこう説明したという。
 
 ジヨンちゃんは両親ら家族4人で乗船していたが、兄のヒョクキュ君(6)と2人で遊んでいた際に事故が起きた。ヒョクキュ君は自分が着ていた救命胴衣を妹に着せてやり、「お父さんたちを捜してくる」と言って離れたという。これがきょうだいの運命を分けた。
 
 高校2年のパク・ホジン君(17)は、救命ボートに乗ろうとしたとき、甲板でびしょぬれになり、独り泣き叫んでいる女の子が目に留まった。ジヨンちゃんだ。
 
 「子供がいます!」。パク君は、ほぼ垂直に傾き、沈もうとしていた船の甲板に無我夢中で戻り、ジヨンちゃんを抱きしめ、ボートに乗った。「子供を置いては行けなかった」という。
 
 ジヨンちゃんらしき女の子を抱きながら、傾く船内をよじ登って甲板まで押し上げた男性乗客や女子生徒たちの行動も伝えられ、混乱の中、“命のバトン”をつないだ様子が浮かぶ。
 
 ジヨンちゃんの両親は爪に火をともすように清掃の仕事で貯蓄し、済州(チェジュ)島でミカン園を始めようとソウルから移るところだった。両親と兄はまだ行方不明で無事を祈る声がインターネットでも広がっている。
 
 「欄干につかまりながら救命胴衣を投げ渡してくれた姿が最後でした…」
 
 高校教諭、ナム・ユンチョルさん(35)の教え子の一人は韓国紙にこう明かした。
 
 生徒の証言では、揺れ始めた船内でナムさんが真っ先に始めたのが、救命胴衣を探すことだった。すみに積まれた胴衣を見つけると、傾く船内を欄干をつたって移動。「落ち着いて」と生徒らを励ましながら誘導し、次々と投げ渡していった。「先生は生徒全員が救命胴衣を着て(甲板に)上がるまでとどまっていた」(教え子)という。
 
 ナムさんも一度は甲板に出たが、客室に取り残された生徒を助けに戻った。脱出間際に水にさらわれたとの目撃もある。その後、遺体で発見された。
 
 乗客を見捨てて真っ先に脱出した船長らとは対照的に、生徒らを助けようと船内にとどまった他の教師たちの姿も続々と伝えられている。(珍島 加藤達也)


転載元: kat*r*giki*iem*nnのブログ

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://okonnba.blog29.fc2.com/tb.php/729-3600a326

 | HOME | 

文字サイズの変更

人が通ったところに、道は出来る。

速度を上げるばかりが、人生ではない。

帰宅して うがい手洗い 皿洗い しゅうくりーむ 

カテゴリ

政治 (160)
介護 (37)
宗教 (33)
家庭  (35)
(169)
未分類 (47)
日記 (10)
面白い (8)
経済 (47)
芸能 (25)
歴史 (22)
坂本龍馬 (32)
明治維新 (4)
英国 (1)
健康 (31)
お正月 (1)
アメリカの政治 (252)
貧困 (159)
風景 (24)
中国 (53)
韓国 (17)
若者 (11)
事件 (33)
教育 (20)
哲学 (7)
音楽 (19)
昭和 (2)
ニュース (206)
文学 (1)
動物 (22)
素材 (5)
可愛い (13)
熊本 (1)
世界 (36)
ハリウッド (1)
原発 (15)
薬 (7)
がん (7)
医 (2)
安倍 (87)
笑い (13)
キリスト (23)
戰爭 (1)
消費税 (1)
づログ (0)
神 (1)
労使関係 (1)
貧困ビジネス (1)
ダイエット (1)
NHK (1)
最低賃金 (1)
韓流スター (1)
武器 (1)
労働 (1)
リストラ (1)
覚せい剤  (1)
スキャンダル (3)
芸能界 (1)
軍国 (1)
大統領選挙 (1)
覚せい剤 (2)
アメリカ (2)
インフルエンザ (1)
お笑い (1)
殺人 (1)
国際ニュース (1)
放射能 (1)
美容 (2)
スポーツ (2)
幸福と (1)
正義 (1)
子どもの貧困 (1)
自衛隊 (1)
プライバシー (1)
ベッキー (1)
ハンサム (1)
健康保険 (2)
酒 (0)
TPP (1)

食べるために 生きるのだ

この世で一番美味しいものは・・・?

焼き芋がいちばん美味しい

又 出しゃばりが 司会する

高いだけだよ あのセンス フン

あら・・あら・・ セレブのつもりですね。あのオバハン

自分自身を信じてみるだけでいい。 きっと、生きる道が見えてくる。

神様は私たちに、 成功してほしいなんて思っていません。 ただ、挑戦することを望んでいるだけよ

万策尽きたと思うな。 自ら断崖絶壁の淵にたて。 その時はじめて新たなる風は必ず吹く。

RSSリンクの表示

全記事表示リンク

リクエストに答えて記事を書きたいです。

全ての記事を表示する

朝はね 布団からでられません。腹が減ったったら出ますけど

リンク

g 300

最善のものを希望せよ。 しかし最悪のものに備えよ。

柔軟性を持っている者は、 いくら年をとっても若い者だ。

食べるために生きるな。 生きるために食べよ。

QRコード

QR

妻不機嫌 お米と味噌汁 「お・か・ず・な・し」 不幸な男

帰宅して うがい手洗い 皿洗い しゅうくりーむ

もの忘れ べんりな言葉 「あれ」と「それ」 政権はママのもの

ユーザータグ

政治 生活 宗教 戰爭 ニュース 政策 安倍総理 哲学 経済 芸能 子育て 歴史 スポーツ がん検診 文化 

g2

g4

【粗衣粗食】そいそしょく

泡沫夢幻(ほうまつむげん)

人生行路(じんせいこうろ)

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。