脱脂粉乳世代 2

真実を伝えたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米NSC大物が「安倍首相のウソ」明言 解釈改憲はデタラメ

★ 米NSC大物が「安倍首相のウソ」明言 解釈改憲はデタラメ
      日刊ゲンダイ                          2014年5月15日
 
 
 
 
 
米は集団的自衛権の行使を望んでいないゾ

   モートン・ハルペリン氏
 
■解釈改憲はかくもデタラメ
 
 
 先日、アメリカの国家安全保障会議(NSC)の元メンバーで、外交専門家のモートン・ハルペリン氏が来日し、複数の国会議員や識者と懇談した。
  
 
 ハルペリン氏といえば、エール大で博士号を取得、国務省政策企画本部長などを務め、現在、外交問題評議会上級フェローという大物だ。そのハルペリン氏の口から飛び出したのが、安倍の「ウソ」なのである。
  
 
 意見交換会をセットしたひとり、柳澤協二元内閣官房副長官補にハルペリン氏を呼んだ趣旨と発言内容を語ってもらった。
  
 
 ハルペリン氏を呼んだのは集団的自衛権についてアメリカの識者から生の声を聞くことが目的です。安倍政権や解釈改憲容認派は『集団的自衛権行使容認をやらないと日米同盟が揺らぐ』みたいな言い方をするが、果たして、それは本当なのか。それを彼に聞いてみたかったのです。
 
 
 意見交換会には与党も含めて、複数の国会議員が参加しました。ズバリ、「集団的自衛権行使容認をアメリカが求めているのか」という質問が出ました。それに対してハルペリン氏の答えは明確でした。
 
 
 「秘密保護法よりも優先度は高いだろうが、最も優先度が高いのは貿易だ」「集団的自衛権にそれほどプライオリティーはない」と明言し、こんな例え話をしたのです。
 
 
 「夜中にオバマ大統領に電話をして、『(日本は米国のために)何が必要か』といきなり聞いてみればいい。その時にどんな答えが返ってくるのか。『1に貿易(TPP)、2に貿易、3に貿易だ』と言うだろう」
  
 
 日本が米国のために「集団的自衛権を行使できるようにします」と言えば、そりゃ、米国は「歓迎します」とは言うでしょう。米国にとって、迷惑な話ではないからです。しかし、それは米国が望む優先事項ではない。
 
 
 先日の日米共同声明で米国は「日本が集団的自衛権行使を検討することを歓迎する」とは言いました。でも、オバマ大統領は同時に『中国とは平和的に問題を解決するのが重要だし、あまり挑発的な言葉を使ったり、挑発的な行動を取るべきではない』とクギを刺した。
 
 
■政府の言い分を信じちゃいけない
 
 
 私はハルペリン氏に「石破幹事長はアメリカに行って『アンザス条約(1951年に締結された米、豪、ニュージーランドの安全保障条約)のような多国間の同盟をつくっていきたい』という趣旨のことを述べた。そういうことをアメリカは考えているのか」と聞きました。
  
 
 ハルペリン氏は「マルチ(多国間)の同盟をつくるということは、それだけフリーハンドを失ってしまうことになるので、米国は望んでいない」と否定した。安倍政権がもくろむ中国包囲網のようなことをすれば、米国の利益を損なう。それが米国の考え方なのです。
 
 
 米国が日本の集団的自衛権の行使について、積極的に後押ししないのは理由があります。米国は日本の核武装や歴史認識について、かなり心配しているのです。ハルペリン氏も
 
 
 「(日本が)核開発はしない」というメッセージを出した上で、「北東アジアの非核地帯化というマルチ(多国籍間)の条約を作るべきだ。その方が日本の安全に役立つ」「安倍政権の歴史認識についても『昔の日本になるのではないか』と不安に思うアメリカ人がいる」「集団的自衛権の前に核軍縮や歴史認識問題を片付ける必要がある」と強調していました。改めて、「それが集団的自衛権行使容認の前提条件なのか」と聞くと、「そうだ」と言う。
 
 
 「アメリカで安倍政権に危惧している人はいますか」という質問も出ました。この答えも「イエス」でした。なぜ、集団的自衛権がいま必要なのか。米国にもさまざまな意見、見方があるのです。政府側の言い分を100%うのみにするのではなく、幅広い検証と深化した議論が必要です。
  転載終了、

 

 
 
★   無原則に適用拡大される「集団的自衛権」
    日刊ゲンダイ                     2014年5月15日
 
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/150174
 
 
 ばかげているにも ほどがある
 
 
 間もなく政府に提出されるはずの安保法制懇の報告書の冒頭には、集団的自衛権の行使に当たって「歯止め」となる要件が示されることになっていて、その第1は「日本と密接な関係のある国が第三国から攻撃を受け、その国から明確な支援要請があった場合」なのだそうだ。
 
 私は、この最初の1行を読んだだけで、安保法制懇の方々の頭が大混乱に陥っているのではないかと疑ってしまう。
  
 
 集団的自衛権とは、軍事同盟あるいは相互防衛協定を結んでいる国同士が、自国は攻撃されていない場合でも、他国が攻撃されたらそれを我が事と認識して共に血を流して戦うという盟約である。
 
 仮に日本が集団的自衛権を発動するとすれば、その相手は日米安保条約を結んでいる米国以外にありえない。
 
 それを「密接な関係にある国」などという情緒的な表現を用いて他のいろいろな国にも当てはめようというのは、「歯止め」でも何でもなくて、逆に無原則な適用拡大でしかない。
 
 
 では、例えばどこの国を想定しているかというと、礒崎陽輔首相補佐官は3月のラジオ番組で「オーストラリア、フィリピン、インド」を挙げ、また石破茂幹事長は3月の講演で「日本にとって米国だけが密接な国ではない。
 
 フィリピン、マレーシア、インドネシアは入ってくる」と言っている。こんな具合に、自国にとって「密接な国」を勝手に指名して、「攻められたら守りに行ってあげますから」などと言うことが、どれだけ国際的に非礼かつ無思慮なことであるか、この人たちは分からないのだろうか。
  
 
 しかも集団的自衛権は双務的なものであるから、そうやって日本から「密接な国」とご指名を受けた国々は、日本が攻められた時には助けに来なければならない義務を負う。軍事同盟も相互防衛協定も結んでいない相手とどうしてそんな血の盟約を交わすことが出来るのか。
 
 しかも、最もありうることとして想定されているのは朝鮮半島有事であるのに、韓国は「密接な国」として例示されていない。なぜ? 日本が手助けを申し出ても断られるに決まっていて、恥をかくことになるからだ。ばかげているにもほどがある。
 
 
 もっとも、石破は4月末にワシントンでの講演で「将来は米国と同盟を結ぶ各国が多国間安保体制を構築する可能性がある」と、中国を仮想敵としたアジア版NATOを創設する意図を語っている。
 
 そういう条約ができればいろいろな国を集団的自衛権の対象に入れられるのは確かだが、21世紀にそんな冷戦型の巨大軍事機構を構想すること自体が狂気の沙汰である。
 
 
 ▽〈たかの・はじめ〉1944年生まれ。「インサイダー」「THEJOURNAL」などを主宰。「沖縄に海兵隊はいらない!」ほか著書多数。
 
 
 
 


転載元: どんどん和尚のブログ

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://okonnba.blog29.fc2.com/tb.php/644-6d6f5a41

 | HOME | 

文字サイズの変更

人が通ったところに、道は出来る。

速度を上げるばかりが、人生ではない。

帰宅して うがい手洗い 皿洗い しゅうくりーむ 

カテゴリ

政治 (160)
介護 (37)
宗教 (33)
家庭  (35)
(169)
未分類 (47)
日記 (10)
面白い (8)
経済 (47)
芸能 (25)
歴史 (22)
坂本龍馬 (32)
明治維新 (4)
英国 (1)
健康 (31)
お正月 (1)
アメリカの政治 (252)
貧困 (159)
風景 (24)
中国 (53)
韓国 (17)
若者 (11)
事件 (33)
教育 (20)
哲学 (7)
音楽 (19)
昭和 (2)
ニュース (206)
文学 (1)
動物 (22)
素材 (5)
可愛い (13)
熊本 (1)
世界 (36)
ハリウッド (1)
原発 (15)
薬 (7)
がん (7)
医 (2)
安倍 (87)
笑い (13)
キリスト (23)
戰爭 (1)
消費税 (1)
づログ (0)
神 (1)
労使関係 (1)
貧困ビジネス (1)
ダイエット (1)
NHK (1)
最低賃金 (1)
韓流スター (1)
武器 (1)
労働 (1)
リストラ (1)
覚せい剤  (1)
スキャンダル (3)
芸能界 (1)
軍国 (1)
大統領選挙 (1)
覚せい剤 (2)
アメリカ (2)
インフルエンザ (1)
お笑い (1)
殺人 (1)
国際ニュース (1)
放射能 (1)
美容 (2)
スポーツ (2)
幸福と (1)
正義 (1)
子どもの貧困 (1)
自衛隊 (1)
プライバシー (1)
ベッキー (1)
ハンサム (1)
健康保険 (2)
酒 (0)
TPP (1)

食べるために 生きるのだ

この世で一番美味しいものは・・・?

焼き芋がいちばん美味しい

又 出しゃばりが 司会する

高いだけだよ あのセンス フン

あら・・あら・・ セレブのつもりですね。あのオバハン

自分自身を信じてみるだけでいい。 きっと、生きる道が見えてくる。

神様は私たちに、 成功してほしいなんて思っていません。 ただ、挑戦することを望んでいるだけよ

万策尽きたと思うな。 自ら断崖絶壁の淵にたて。 その時はじめて新たなる風は必ず吹く。

RSSリンクの表示

全記事表示リンク

リクエストに答えて記事を書きたいです。

全ての記事を表示する

朝はね 布団からでられません。腹が減ったったら出ますけど

リンク

g 300

最善のものを希望せよ。 しかし最悪のものに備えよ。

柔軟性を持っている者は、 いくら年をとっても若い者だ。

食べるために生きるな。 生きるために食べよ。

QRコード

QR

妻不機嫌 お米と味噌汁 「お・か・ず・な・し」 不幸な男

帰宅して うがい手洗い 皿洗い しゅうくりーむ

もの忘れ べんりな言葉 「あれ」と「それ」 政権はママのもの

ユーザータグ

政治 生活 宗教 戰爭 ニュース 政策 安倍総理 哲学 経済 芸能 子育て 歴史 スポーツ がん検診 文化 

g2

g4

【粗衣粗食】そいそしょく

泡沫夢幻(ほうまつむげん)

人生行路(じんせいこうろ)

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。