Article

                   
        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

アッコにおまかせ!佐村河内氏へ人権侵害があったとTBS社長謝罪、テレビで全国の難聴者へいじめをけしかけるものだ!

category - 貧困
2015/ 11/ 17
                 

ID:tona5u


覚えていますか・・?

交響曲第1番 HIROSHIMA
(2011年7月発売)は27位、
クラシックアルバム部門では1位を獲得し

ベートーベンの再来と騒がれた
耳が不自由な天才作曲家佐村河内守氏が数々作品を発表し騒がれていました。

ところが

私が佐村河内守さんのゴーストライターして仕事を請け負っていたと
と新垣隆さんが告白しました。

指示に従ったから、良い曲が作れ・・請負として稼いでいた。

佐村河内守さんの名で 発売するから売れた。

売れたらから 実は私がと言って利益を独り占めは納得行きません。

請け負い解消したから 良い曲が出来なくなったではありませんか


有名人の本など ゴーストライターはごく普通の時代ですからね。

良い製品・・?
パソコンで言うなら、部品請け負う記憶装置製造会社の腕次第でも
表に出るのはパソコンメーカー・・

どうしても 名前出したいなら

自分の名で出せば良いが 売れるハズないから請け負い続けた訳でしょう。

・・・・!? そうだ!

作曲者は 合作にすれば良かったと思う。


ここでは 
TBS系バラエティー番組「アッコにおまかせ!」で
「聴覚障害の程度や手話通訳の必要性などを特集。VTRで「普通に会話が成立」とのナレーションを流したほか、和田アキ子さんら出演者が「ここまでいっても、嘘にならないんですか」」

これは 問題ですね。

「佐村河内氏が客観的な検査で「感音性難聴」と診断されていたことなどに関し、番組の説明が不十分だったことを問題視。番組が、十分な根拠なく「検査結果の信頼性が低い」「手話通訳の必要がない」といった印象を視聴者に与えた」


大変な人権侵害です。
「感音性難聴」とは 文書で言うと ところどころが聞こえない
話しかけられれば 振り向きます。
返事します。

でも 何を言っているのか分かりません。
ときどき 聞こえない 言葉を予想して分かったように返事します。


佐村河内守氏が 何度 聞こえないと言っても
ウソを言っていると テレビで全国的に言ったことは

身体障害者の中で 二番目に多い難聴者の全てを 聞こえないと 偽物の身体障害者だと
侮辱して 国民全てに 難聴者へのいじめをけしかけるものです。

難聴者は 20万人だったと思いますが、大勢が無能力者として いじめは日常茶飯事受けています。

仕事に恵まれず 貧困ぐらしも多いです。
自殺も多いです。

どんなに 助けてくれと 役所に助けを求めても 佐村河内氏のように 日本人全部を敵に回して
生きていくのが 実情です。
 

難聴者を侮蔑する人に言いたいのは
年を取れば 多くの人が同じ感音性難聴になり


いづれは自分が侮蔑される。
今 侮蔑するほど 自分を侮蔑する人を増やしていることになります。








100歳で難聴物乞いホームレス集めたお金を全額施設寄付



関連記事
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。