Article

                   
        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

イジメは遊び!! 教員や学校の統一見解露呈! 

category - 教育
2014/ 07/ 02
                 
 
その通りです。いじめは苛める側に取っては間違いなく遊びです。 そしてその見解は
 
学校側の意見と全く同一だと言うのです。 
 
 ということは学校そのものが子供に対するいじめを肯定していると言うことですね。 
 
下は、何処の学校でも、教師でも、また教育委員会でも当市の全学校、本校、私のクラス
 
の子供達は子供らしく弱いものを痛い目に合わせたり、トイレの水を飲ませたり、殴ったりして
 
健全な遊びを校内で行っていると言う統一見解が存在している事を報じる深刻な教育
 
現場の実態を報じるネットニュースです。 
 

<いじめ>かばった小3女児に跳び蹴り 担任は遊びと判断

 
 愛知県豊橋市教育委員会は1日、同市内の市立小学校で先月、3年生の女子児童が、いじめられていた同級生の女児をかばって男女3人の児童から跳び蹴りされるなどし、首や腰に1週間のけがをしたと発表した。担任の男性教諭(23)がその場で制止したが、男性教諭は新任で、いじめをからかいや遊びと見ていたという。市教委の宮崎正道・学校教育課長は「経験の浅い担任を支える態勢が十分でなかった」と説明している。

【漫画】いじめに負けるな!の巻

 市教委によると、女子児童が暴行を受けたのは先月3日の休み時間。前日の放課後児童クラブで、同級生の女児がからかわれるなどしていたため、「いじめるなら、代わりに私を」などと言ったという。これを3人のうちの1人が聞き、実際に暴行したという。

 担任教諭は翌4日に校長に報告。学校などの聞き取りに対し、3人は「深く考えずにやった」と説明。けがをした女子児童は女児をかばった理由について「いじめを見るのが嫌だった」などと話しているという。女子児童は同5日から登校しなくなったが、3人からの謝罪を受け、27日から登校を再開した。

 記者会見で加藤正俊教育長は「いじめは大人の目に触れないところで起きている。きめ細かく情報収集し、教員の意識を作り直さないといけない」と述べた。【清藤天】
最終更新:7月1日(火)20時33分

 


転載元: 原典聖書研究

関連記事
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。