Article

                   
        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

【震災直後からつづく被災地の盗難事件。】~こうした盗難はこれからもずっと続くと思います。

category - 若者
2014/ 07/ 05
                 
【震災直後からつづく被災地の盗難事件。】
盗難事件。報道されなかっただけのことで、実際には、震災直後から頻繁に発生しています。


被災地の盗難事件は、まず震災直後に多発しました。
  最も酷いのは、遺体から貴金属などを外しの盗難。中には遺体の指を切って指輪などを持って行く・・。まさに「餓鬼畜生」です。

更には、瓦礫の中から売れるような物を大掛かりな準備をして盗むやり方でした。これは、全国から来たと思われる業者です。鉄など酸素ボンベの切断装置を積んで切断して堂々と鉄などを持っていくのです。あとは、津波で流失しても使える漁具や資材などです。僕は何度も目撃しています。
 


その後、間もなくして大掛かりなアワビ等の密漁がドンドン入ってきました。
家が津波でなくなり、被災者が避難所にいた頃です。誰もいないのでこれも堂々とやっています。
いくつかのグループは捕まっていますが、極一部です。これで、アワビの資源も激減した要因です。



 
そして、1年目以降はようやく再建した船からの下の記事のような漁船設備盗難です。
中には、全部で1千万円する計器類(魚群探知機、GPSプロッター、レーダー、ソナー、無線機など)の盗難です。






















 















僕も船が再建したのは、震災の次の年の5月ですがこれら計器類を隠して、操舵室に鍵を2重にかけていました。
しかし、デッキに置く、棒鍵やタモなどはどうにもならず、僕も盗難にあっています。

  下記のようなニュースとして扱われていませんが、実際にはサッパ舟(小舟)の船外機、ガソリン。タンク。漁船設備の盗難はずっと続いています。
なにしろ、漁業者は港の近くにいません。高台の離れた仮設住宅から港に通っているので、深夜は誰もいなくなるのです。
今回のこの盗難は、「アワビ漁のさお」も含まれています。また、網の巻き上げ機など普通の人は使わないものです。犯人は、離れた港の同じ被災同業者ではないかなあ・・。って感じがします。
まあ、考えられるのは自分は使わなくてもネットオークションで販売も出来ますが・・。
僕の港でも、頻繁にこのような盗難はおきています。これから夏にかけて多発するのは、船外機のタンクのガソリンです。若者のバイクが増えるからです。

こうした盗難はこれからもずっと続くと思います。
何故なら、高台移転して港から漁師が離れ、誰もいない港になるから、窃盗しやすい状況になるからです。

やられた方は、ホントに「やっと整ったのに」という気持ち。とても、よくその気持が分かります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【大槌で漁船設備盗難 「やっと整ったのに」憤る漁業者】
岩手日報 2014年7月5日

 大槌町小鎚の大槌漁港の船着き場で、同町小鎚の30代男性が管理する小型漁船からエンジンバッテリー4本と巻き上げ機が何者かに盗まれたことが3日、漁業関係者の話で分かった。
 被害額は計約70万円に上るとみられる。沿岸被災地で漁業者が復旧復興に向けての歩みを続ける中、水を差すような行為。男性は怒りをあらわにし、通報を受けた釜石署は窃盗事件として捜査を始めた。
 男性によると1日午後6時ごろ、船着き場を訪れた際、船にボルトで取り付けていた巻き上げ機がなくなっていた。巻き上げ機は高さ約1メートル、重さ約100キロで、刺し網を引き上げるために使う。
 船の内部に設置していたエンジンバッテリーは、一つの大きさは長さ約40センチ、幅約15センチ、重さ約15キロ。チェーンを巻いて南京錠を掛けていたが、鍵が開けられていた。先月20日ごろまでは異常がなかったといい、その後に盗まれたとみられる。男性は「やっと船の設備が整ったのに、出はなをくじかれた思いだ」と憤りを隠せない。
 釜石署によると、先月中旬にも釜石市内でアワビ漁のさお(時価10万円相当)が盗まれ、被害届が提出されたという。
【写真=盗難事件のあった大槌漁港の船着き場。重なる心ない行為に漁業関係者は怒りをあらわにする=3日、大槌町小鎚】


転載元: 山と土と樹を好きな漁師

関連記事
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。