Article

                   
        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

報道ステーションキャスターの古舘伊知郎が元気である。

category - アメリカの政治
2014/ 08/ 02
                 
「報道ステーションキャスターの古舘伊知郎が元気である。:兵頭正俊氏」(晴耕雨読)
http://www.asyura2.com/14/senkyo169/msg/263.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 7 月 30 日 23:21:05: igsppGRN/E9PQ


「報道ステーションキャスターの古舘伊知郎が元気である。:兵頭正俊氏」
http://sun.ap.teacup.com/souun/14851.html
2014/7/31 晴耕雨読


https://twitter.com/hyodo_masatoshi


太平洋戦争中に東京で米軍の猛爆があった。


防空壕に逃げ込んできたドイツ人の夫婦を、「毛唐がいる」といって追い出した。


つまりなぜ戦争を始めたか、敵も味方も知らないのだ。


これが日本の民度である。


防空壕の外で、ドイツ人夫婦はオロオロしていた。


ちなみに奥さんはトマス・マン婦人の姉だった。


日本人は批判なしに信じる。


疑うことを知らない。


そればかりか疑う人を悪くいう。


「謀略論」批判はその一種だ。


日々、新聞・テレビの愚民化の謀略にさらされながら、暗愚に笑い続ける。


「すべてを疑え」といったヨーロッパの知性とは、モノが違うのだ。


だから1年で集団的自衛権まできてしまった。


報道ステーションキャスターの古舘伊知郎が元気である。


なぜだろう。


降板が近いからか。


それとも読売の部数激減のせいか。


かれへの期待は、状況のただ中で、独自の取材で、すぐに発表を信じる国民が、腰を抜かすような情報を、発信し、真実を教えること。


長谷川浩はそれをやろうとした。


敗戦時に、ルーズベルトが死んだ。


経済人のなかでは、呪う者は少なくて、日本の戦後経営をかれにやらせたかったという意見まであった。


敵を呪う気持ちがないのなら、戦争などしなければよい。


しかも最後まで軍人を呪う気持ちもなかった。


日本民族は基本的に不条理がわからないのである。


敗戦時、沖縄戦で負けて、米国が講和を申し込んだというデマを新聞は流した。


それで株も急騰した。


国民はそれを信じた。


新聞を鵜呑みにするおバカさは、今も続いている。


日本人は自分の頭で考えないのだ。


自分の生活が苦しければ、この政府はダメだ、と思う前に、新聞の嘘にだまされるのである。


敗戦時。


米機の空襲に遭って一面の焼け野原。


ところが意外と国民は怒っていなかった。


それは、当時を描いた小説を読んでもわかる。


国民は、米国に、政府に、軍部に、天皇に、ほとんど怒っていないのだ。


「戦争だから仕方がない」、「他の人も同じ目に遭っている」。


この奴隷根性は今も続いている。


-----------------





NHK の平均年収1780 万円!

関連記事
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。