Article

                   
        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

市立病院が無くなり、街から救急病院が消えた・・結果!死亡率、医療費、救急車の搬送回数、全てが下がった・・

category -
2014/ 08/ 16
                 

財政破綻により市立病院が無くなり、街から救急病院が消えた夕張市。高齢化率45%のなか悲惨な現実が待ち受けるかと思われたが、結果はその真逆だった–。 死亡率、医療費、救急車の搬送回数、全てが下がった

出典 病院がないほうが死亡率が下がる! 夕張市のドクターが説く、"医療崩壊"のススメ | ログミー[o_O]

なんだか・・高齢化も 医療崩壊も心配しなくてもよさそうな気持ちになりましたよ。

我が家は 心配症で
脳梗塞ならここ、心臓ならここと だいたい決めています。
近くに 雑誌に記載される 病院ランキングの上位とされる総合病院がありますから・・

ホームードクターで済むのまで 大きな病院へいきます。
これが、かえって良くないのですね。
理屈では分かっていても・・

我が家は愚か者ばっかし・・だもんで。

長生きする県は 長野、沖縄、・・そして 夕張・・
みんな、医療機関にめぐなれていないとろこばかりですもんね。

医療崩壊と言われるところの地域に住んでおられる人は・・
自分でしっかりと予防しますもん。

田舎だと100才近くまで田畑の見回りし
・・・

救急車呼ぼうなんて考えないで・・
呼ぶほどなら覚悟しちゃう・・?

ガンなら 抗がん剤や手術などより
家族と自然のお迎えを待つ・・

従来の医療は、効果なしと言う医者もいますし納得できます。

私は・・? 皆さんも?
恵まれた病院と思い込んでいたのが
実は
薬漬け 儲け第一医療・・金と命までむしりとられていたのかもしれませんね。







関連記事
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。