Article

                   
        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

死ぬことは怖くない?幸福に生きる為?宗教ではございません。

category - 宗教
2014/ 10/ 26
                 
 心臓が止まっても30数秒は脳が働き しかも 急速に動くことがマウスで確かめられた。
(ウィキペディアより)

 息を吹き返し死後の世界を体験したと言うのは 意識が僅かに働いて・・
周りの人の声を聞いてたり・・その時の夢である。
 
 夢に出てくるのは、自分の得た情報の組み合わせでしかない。
教祖様など支配者の都合のよい 臨死体験や死後の世界のお話を・

 自分の記憶の中のものだけを・・
体験談として語られて居るのに過ぎません。

 自分が死ぬのを 眺めていた・・? そういう話を知っていたから・・
心臓が止まって急激に動く脳が・・夢を駆け巡るうち、息を吹き返した後に語るのが臨死体験

 若い時は 楽しい前途が立たれるのが怖いが・・
年を取ると 楽しいことも少なくなり・・死の怖さも薄れる。

死は 楽しい夢を見るため 深い眠りに付くと思えば 死は怖くないのであります。

 今を楽しく・・小さな出来事でも 楽しい、
・・・虐める相手も・・絶対にああはならないぞ!と教えれくれてる有難い存在だと思い・・
・・・見過ごすていた、道端の小さな花でも美しいと思うように意識して 過ごし

 楽しい夢の種を増やすことが幸福に生きることだと思います。

   死後の幸福を信じて、信仰の敵を殲滅するために世界中で戦争しています。
 死後の世界が無いと思えば平和になると思います。


  幸福とは自分の死を考えないこと、遠避けること思う人多いと思います。
 死が怖くななれば 幸福になれる方も多いと思います。


皆様は
如何思いますか。


関連記事
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。