Article

                   
        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

●あなたの寿命を20~30%延ばせる~発見!長寿遺伝子~

category - アメリカの政治
2014/ 10/ 28
                 

 こんにちは、ゆかりです。 

 人は子孫繁栄のための生殖機能を持っています。これが飢餓状態に陥ると生命維持活動が最優先され「生きる」ために細胞レベルで全身が活性化すします。(体がなんとしても子孫を残さなければ絶滅してしまうと危機感を感じる。)

 1999年にサーチュイン遺伝子が発見され、このスイッチがONになると生殖機能が活発になり、たくさんセックスをしたくなります。そうすると体が活性化して生命力が上がり寿命が延びるということなるようです。(知らないうちに実践していた)

 NHKのTVではこの部分についてはあまり書かれていませんが、参考になりますので紹介します。

2011年6月12日のNHKスペシャル「あなたの寿命は延ばせる~発見!長寿遺伝子~」での実験では、40代~60代の被験者4人の食事量を30%減らし、それを3~7週間続けただけでサーチュイン遺伝子が目覚め始めたそうです。

今回は放送の全部(49分無料でご覧いただけますNHKの登録要


サーチュイン遺伝子とは?

 サーチュイン遺伝子は、寿命を延ばす効果が期待できる遺伝子であり、1999年にアメリカのマサチューセッツ工科大学の研究グループによって発見されました。

寿命を延ばすだけでなく、活性酸素を除去したり、シミやシワを防いだり、動脈硬化や認知症などを予防する様々な健康効果も期待できます。

このサーチュイン遺伝子は全ての人が持っている遺伝子なのです普段は眠っている状態です。素晴らしい効果が期待できるのですが、残念ながら何もしなければ機能しません。


サーチュイン遺伝子を活性化させる方法



カロリー制限を継続的に行う。または飢餓状態に身をおきます。

人は子孫繁栄のための生殖機能を持っていますが、飢餓状態に陥ると生命維持活動が最優先されます。「生きる」ために細胞レベルで全身が活性化することで、サーチュイン遺伝子のスイッチがONになります。

また、飢餓状態という過酷な状況ではなく、カロリー制限を継続することでもサーチュイン遺伝子は活性化されます。

 2011年6月12日のNHKスペシャル「あなたの寿命は延ばせる~発見!長寿遺伝子~」での実験では、40代~60代の被験者4人の食事量を30%減らし、それを3~7週間続けただけでサーチュイン遺伝子が目覚め始めたそうです。

 1度でもカロリーオーバーしてしまうと、サーチュイン遺伝子は眠りについてしまうことです。サーチュイン遺伝子をONにしておくためには、カロリー制限をずっと続けなければいけません。



転載元: 医学部ゆかりの医療ブログ

関連記事
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。