Article

                   
        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

菅原文太さん、映画の粗暴な演技とは反対の弱者に思いやりのある方でした。

category - アメリカの政治
2014/ 12/ 01
                 
長男の加織さん。その死に文太さんはうちひしがれた。文太さんと親しい関係者は「当時、加織さんは私事で悩んでおり、文太さんもただの事故死としては受け取れなかったようだ」と明かす。「文太さんは当時住んでいた岐阜・清見村(現高山市)に2人の孫娘を引き取ったほどだった」(前出関係者)
 加織さんは福岡・太宰府天満宮そばの霊園に眠っている。“学問の神様”菅原道真をまつった太宰府天満宮は、同じ「菅原」姓のよしみで同宮の神徒会に入会し、納骨堂と墓所の土地も購入


映画では 「トラック野郎」「仁義なき戦い」など暴力団の粗暴な演技が多かったですが・・
私生活は、のどかな百姓生活を楽しんでおられましたね。

平和主義者と言うか反戦運動家で、講演活動もなさっていました。
弱い立場の人を守る正義感の強い人でしたね。

NHKで主演者しか休める部屋がない、エキストラでも休める部屋蛾ないと大ゲンカされたことが有るそうです。 いつも弱い者に思いやりのある方でした。

 早稲田大学・・モデル出身とか・・
葬儀・告別式は太宰府天満宮で営まれた・・ 
私には, 一言で言い表せない 多面な方で不思議な魅力の方でした。

ご冥福をお祈りします。

福岡に住まいを移されていました。
ふと考えたのが・・

他の芸能人や有名人の方も東京から住まいを地方や海外に移し
仕事の時だけ東京に行く方が増えてきた気がします。

家族と子育ては東京では・・?地方に限るということでしょうか?


関連記事
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。