Article

                   
        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

消えゆく職種、数年でなくなる仕事の一覧 仕事はほぼ半減する

category - 貧困
2014/ 12/ 02
                 
オズボーン氏の論文『雇用の未来』の中で、コンピューターに代わられる確率の高い仕事として挙げられたものを記載
「コンピューターの技術革新がすさまじい勢いで進む中で、これまで人間にしかできないと思われていた仕事がロボットなどの機械に代わられようとしています。たとえば、『Google Car』に代表されるような無人で走る自動運転車は、これから世界中に行き渡ります。そうなれば、タクシーやトラックの運転手は仕事を失うのです。

これはほんの一例で、機械によって代わられる人間の仕事は非常に多岐にわ


私の職場の場合は、パソコンが導入されて、
簿記もそろばんも不要になり・・事務の女性が少なくなりました。

設計の製図をしていた女性も、パソコンのCADの導入で少なくなり・・
更に、設計専門の派遣社員に任されました。

結婚したら退職が普通でしたが・・
雇用均等均等法ができると・・

いっまでも居られては困るのか?
採用しなくなり・・女性が居なくなりました。 

テレビや雑誌で、女性管理職職を増やすと聞きますが・・? 
・・? どこに そんな職場があるのかな?

企業に強制したら、ますます女は正社員採用はしなくなるハズです。

身近な職場を見ていますと・・女性を職場にとは言うものの
反対に少なく、低賃金で止めざるをえないと思います。

堀江貴文氏が、奨学金など金を借りて大学に行く価値があるかと・・話題になっています。
価値があるかとの・・・ここん所は特に女性に影響が大きいと思いますよね。

上野千鶴子先生は、東大卒女性でも、力尽きるまで働かなければならないと言われています。
東大卒の女性でも 偏差値が低くても安定した仕事の夫を選ぶそうです。

高学歴女性は、働いて偉くなるより専業主婦を選ぶ人が多いそうです。
アメリカでも高学歴女性は専業主婦を選ぶそうです。

高学歴といってもすぐに採用される訳でもなく、何度もなんども面談などしなくてはなりません。
確かに、いいこともあります。
難しい、正規職員や正社員でも・・態度が変わりました・・窓口業務しか知りませんが・・
役所仕事だから、大企業病の尊大な態度はとりませんね。

ボケた質問でも、ニコニコと優しく接します。
職場教育の成果より、採用段階で、高学歴より適性を激戦?激選してると思います。

大黒柱の男性が、技術革新で仕事がなくなれば、・・
従来なら全員が正社員で専門仕事がなくなっても、配置転換で済み、昇給も役職も定年まで安泰でした。
たとえ 転職しても 他社の年齢に大差ない賃金をもらえました。

今は、退職で貧困 家庭崩壊、子供の貧困が大問題・・他 諸々

残業廃止や、派遣法改正、など 政策は賃金下げが続きます。
企業だって、外形標準課税で弱い所の破たんが増え失業者が増えます。

・・テーマから外れそうかな・・?

× これから、高学歴や資格、取っても安心できません。
   
企業なら仕事時間に資格取らせます。
非正規も正社員と全く同じ 手当を受けながら資格が取れる仕組みを作るべきです。




   







物流を変える自動運転トラック、ダイムラーが実験中:「Mercedes-Benz Future Truck 2025」

メルセデスベンツの自動運転トラックのプロトタイプが路上での実験を行った。高速道路を自動で運行するトラックは、ドライヴァーと物流を変革する可能性を提示する。


ドイツの高速道路(A14、マグデブルグ近郊)で、ダイムラーの製作した自動運転トラックのプロトタイプの試験が行われた。
名前からわかるように、発売は10年後よりあとになるのだろうが、この種の技術の発達水準は、いまや転換点にあるように思われる。Future Truck 2025は、高速道路輸送において、追い越しや、ブレーキや、方向転換を成し遂げ、完全に自立して移動することができる。自動車の世界でもすでに広く試験されている装置やセンサー(ヴィデオカメラ、レーダー、レーザーなど)の洗練されたパッケージのおかげだ。
すべての制御は、トラック運転手(もはや「輸送管理人」と呼ぶべきかもしれない)の手の中のタブレットを通して制御される。トラック運転手の役割、能力、人物イメージはこれまでのものとうって変わったものとなり、その仕事場は運転席ではなく、一種のモバイル・オフィスとなるだろう。
トラックは、当然のことながら、手動運転に必要なものもすべて備えている。運転手は乗物を始動させ、都市交通の中を移動させ、これを高速道路へと導く。時速80kmに到達するとシステムが走行の自動制御を提案し始めるが、運転手はいつでも操縦の権限を取り戻すことができる。
Future Truckのテクノロジーは、さまざまな興味深い利点をもたらすことができる。例えば、トラック運転手の長い勤務時間の軽減だ。身体的・精神的な疲労レヴェルに関連した事故の頻度を著しく低下させる。
それだけではない。ダイムラーは、コストと環境サステイナビリティの観点において、より高い効率を約束している。交通状況やモーターのパフォーマンスの自動制御をもとに走行を計算するシステムを備えており、他のトラックと「対話」して、道路や交通の状況について情報を交換することもできる。
ダイムラー・グループは、まだ価格と販売について見通しを発表していない。自動運転の開発における直接の活発な競合相手、例えばボルボに手の内をさらさないためでもある。より詳しい詳細は、恐らく9月以降に入手可能になるだろう。





上野千鶴子先生、東大女子は幸せですか?力尽きるまで、働くしかできない女たち高学歴留学ワープア女子
関連記事
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。