Article

                   
        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

ブラック企業に違法な行為を入れ知恵する士業・社労士、弁護士が暗躍中

category - 政治
2015/ 01/ 12
                 



辞めようとしたら会社の顧問弁護士から違法な損害賠償の書類が送られてきたり、団体交渉に行くと会社側の弁護士や社会保険労務士がでたらめな主張を繰り返して、紛争を長期化させて労働者の精神を削ったりすることがあります。

今年の成人は

雇用の不安も多いようです。

ブラック化した日本企業の話題を聞かない日が無いくらいですから
スマホを手放せない若者は政治も知っていますよね。

政治不信は生活費を稼ぐ仕事が少ない、
雇用が増えたと言っても、

限られた人だけ・・

生活費が・・安定して使えないならと思うのでしょう・・
四人に一人は、結婚はしないといいます。

二十歳でもう諦めていますよ。

先行き不安が大きすぎます。

結婚も少子高齢化も
日本企業のブラック化が恐怖になっています。

企業に文句言っても・・余りにも企業は強すぎます。

企業よりも 手先の・・


追放しないと止まりません。


ひどい例は、
多くの社員は不法労働に従いますが、
法律どうりに年休を、などと言う社員を辞めさせるため・・社長さんや役員は頭を絞りますが名案が浮かびません。

社労士が、不法労働に従う社員に、嘘のトラブルをでっち上げ 辞めさせたら良いなど、
法律スレスレか、違法でもバレない判例を教えるブラック士業が激増したから、日本企業のブラック化が進んだようです。

下に箇条書きしてみました。


企業の洗脳教育の成果

洗脳されてしまったのを自覚しても

応援団

日本国自体がブラック進行中


ブラック化を阻止するには。

  •    不備はブログなどに書き皆に知らせる。
  •   誠実な政治家に知らせる。
  •   若者が選挙に行く。
      ブラック化で配当増えるのを期待する老人の選挙率が高くて・・
ブラック化で賃金が安くて苦しむ若者が選挙に行かないのが大問題。

若者はブラック化の問題は政治と分かっていても・・選挙に行かない。
若者が選挙行けば、日本は救われます。


 自社の労働組合に相談は? 
問題解決に余程信用実績が無い限りしないほうが良いです。

会社側に忠実な御用組合が多いのですから、
目を付けられ不利に成ることあります。

正社員は既得権です。
非正規を守ると言っても、本気で戦う組合は少ないものです。

裁判など問題が大きいと、会社側に付く多いのに驚き・・気づくはずです。

外部の組合に相談を薦めます。




リンク集









ブラック企業1日2人以上が過労死する日本・世界一長時間労働・情報保管





関連記事
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。