Article

                   
        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

聖なる人身売買の実態。避けがたい資本主義的貧富格差拡大で物乞い売春から抜け出せず。

category - 貧困
2015/ 02/ 19
                 

トップレスでストロスカーン前IMF専務理事に抗議 - 女性権利団体

ID:tona5u
国際通貨基金(IMF)前専務理事……が性的パーティーに「機器」を持ってくるよう友人に頼んだ……公表された。
……性的パーティーのため売春婦を雇った罪に問われている。

IMFの専務理事と言えば、フランスでは大統領選挙候補者でもあります。
経済破綻した国に融資して救済の指揮を取る権限を持った人ですよ。

韓国は経済破綻してIMFから金を借りて 再建しました。
お陰で、電気メーカーや造船では日本を抜き世界一に、 自動車は一時はトヨタを追い抜く勢いでした。

でもね~
IMFから金を借りたのですから、
企業が儲かっても、IMFへの返済と、韓国企業へ投資した外国人に利益は取られます。

国政よりも、投資家の思惑で国は動き・・口の悪い人は、経済的奴隷になったと言います。
IMFから金を借りることだけは 絶対にしたくないものですね。

・・・!?
話が反れました。

言いたいのは、IMFの専務理事はものすごい偉い人
その人でも 売春婦を機械と言います。

偉い人ほど?? 
人格てなんだろうな~

政治や経済の権力者になれば・・何でもやりたい放題。



人間が作り上げた、神さま、仏さま・・・・が造られる。
けして認めない方もおられるでしようが、ごめんなさい。

その中でもインドでは・・
神聖なる娼婦と言い 神に捧げる子供達がいます。

大人になれば開放かと思えば 欧米の資本主義がやって来ました。
資本主義ですから、少ない大金持ちと大勢の貧困になりました。

みんなで助あって、貧しくても平和で楽しく暮らせましたが
資本主義は競争の世界ですから・・

神聖なる娼婦から 立ち直れず 物乞いと売春で暮らす最貧者が増えたそうです。



映像が6つ有ります
見て下さいね。




インド「聖なる売春」2/4 - Prostitutes of God Part 2 - YouTube
インド「聖なる売春」3/4 - Prostitutes of God Part 3 - YouTube
インド「聖なる売春」4/4 - Prostitutes of God Part 4 - YouTube
インド4 - YouTube
インド人身売買の現状 - YouTube





「聖なる人身売買」の実態.宗教的カースト制と避けがたい資本主義の貧富格差拡大悪の犠牲に。映像


広がる少女売春 - NHK クローズアップ現代 - NHKオンライン


関連記事
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。