2015/06/09

パリジェンヌを目指しましょう。フランス女性が魅力的な理由

daiba49
フランス女性は、トレンドを追わない。(中略)若くてお金がない時期は、無理して高い服を買うことはせず、リーズナブルなものや古着、ときには友人から譲り受けた服などを使って、上手に着回す。大切なのは自分らしさ。(中略)
 これはファッションだけではない。小さい頃から、学校でも家でも、「正解/不正解」ではなく、自分はどう思うか、なぜそう思うのかを言う教育を受ける。だからフランスの女性は、常に自己主張をする。政治や社会に目を向け、自分はどう考えるのか、意見を持つ。経験を重ねるほど知識が増えるから、年齢を重ねるほど堂々として魅力的な存在になる。


フランス旅行の目的て
高級料理を食べ、
高価なファションなどたくさん買い物をしたい・
そんな気持て フランスの貴族になったような・・セレブ気分になりたいわけですよね。

今売れてる 本が噂の『フランス人は10着しか服を持たない』・・
セレブイメージが 崩れてしまう意外さで売れているのかも知れませんね。

誰とか とても言えませんが・・・
かしこまったお出かけのたび・・ アタシ 着るものが無い・・?

タンスの肥やしは ゴミ屋敷に負けないほどあるのにね・・
毎回呆れるのでございます。

しぃ~ 此処だけの話ですよ。

フランス パリ といえば セレブ金持ちのたまり場と パブロフの犬のように
条件反射的に思いますよね・・

日本やアメリカのように 同じ服を着ると 恥ずかしいとか、
着たきり雀とか 陰口叩く日本とは違い

同じ服を 何度も着るのが フランスの女性

賃金も少ないから 結婚もこだわらず、同棲しては気軽にくっつき離れます。
生涯恋愛が続きます。

先日も書きましたが、フランスで一番長生きの婦人も独身です。
最近の 東日本の自殺された老人も、独身の方が少ないです。

当然ですよね、
毎日顔合わせていると・・喧嘩は他人より身内から・・

兄弟は他人の始まり
親戚の不幸は蜜の味ともいいますね。

独居老人は辛い 不幸や不健康と言う方
統計がと言う方・・

調視点の違いと思います。

・・あ1?
話をフランスに戻しますね。

節約も 
日本は食糧廃棄率世界一の不名誉な国ですが、
フランスは食品廃棄禁止で、大手スーパーは 寄付か転用を義務付ています。

日本の少子化対策も フランスに学ぶべきだと思います。
4人産んだら両親とも失業でも、ちゃんと暮らせる手当がもらえます。

結婚しなくても、子供は貧困にならないように社会保障が行き届いています。
フランス社会党が強い国ですから、

富裕税もあります。
シッカリした会社なら国営企業です。

日本の日産自動車の親会社は フランス国営の国営ルノー公団ですよね。

日本も 国鉄や電電公社などたくさんありましたが、
国有財産を横取りしたい、

政商たちがが国会議員を操り・・?
経営口出し・・・経営難にさせて崩壊させたとの記事もたくさんありました。

国有財産の、払いざげとう言う・・
富の横取りが・・度々 ニュースになりました。

今の 派遣法改正も当時の政商たちの絡んでいるとの記事も多いですね。
・・・そんな経過だから、財界主動の日本になったのでしょう。

そんな 経営側が動かす日本の与党とは 
フランスは反対の、社会党が強いでから・・

国営企業が強いです。

ルノ公団中国の油田など 
計画的、安定経営でに世界に進出しています。


アメリカや日本とは大違いです。


リンク集



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント