2015/06/27

オリックス宮内元会長の報酬は54億7000万円・・株価上昇でもGDPマイナスは当然、

今の日本経済は 株価が高いから景気が良い・・?

違います。

日経平均は 勝ち組企業ばかりの、225の企業にの平均ですから
株価で、景気が良い悪い言うのは・・

意図的に 騙す言い方だと思います。


とにかく 儲かる企業が より儲けて
株主や 役員が儲かった訳です。

社長など 役員で高所得日本一は 

トヨタ自動車の社長でも 日産のゴーン社長10億円よりもずーと多いのが
オリックス宮内元会長の54億7000万円ですよね。

役員の儲けは、労働者が

この 非正規の派遣法は、オリックス宮内元会長が橋本内閣に働きかけたものです。
歴代内閣で 政府側の改革なり・・改革の度に利権を手に入れています。

派遣法の他 郵政改革では かんぽの宿は儲からないから 民間払い下げと言いながら・・
自分が買い
1万円で売却され、半年後に6000万円になるなど・・国民の財産を横取りしたと騒がれました。
その度に 週刊誌などに書かれてきました。

・・・!?
何度も政府側の改革委員をされていますので・・
書かれないのも沢山ある筈と思います。

発覚しないものが どれだけたくさんあるのか・・

そんなことの出来る人が 日本一の高額所得者で
政治経済を動かすわけですよね。

日本経済絶頂時は、 日本国民総中流と言われて貧困格差の少ない時期でした。
企業がさらに儲けるためには賃金を下げとも・・

当時は 社会党や協賛と、組合が強かったので・・
社員は そのままで 安い労働者を使うために、非正規雇用を増やしました。 

中流が激減して、超格差のアメリカ並みの日本の変えて頂きました。

この方が 居たからこそ、若者を低い賃金で使い・・、
株主さんは、裕福な暮らしが出来るのですね。

偉い方ですね。

働いても 働いても・・!?
今の日本人て 

この人の為に、あるような気がしてきましたよ。

・・・!?
何を書いてるのか 分からなくなりました。

腹も減ったので ご飯食べます。


政治を動かして儲ける「政商 」とか、
〇〇〇、とか、怖い噂の記事も多かったですよね。

関連記事のリンク集です。

宮内さんがどれほどの「改革利権」を手に入れたかは定かではありませんが、少なくとも政府関係の審議会の委員や責任者を歴任してきたのは事実です。それは遠く、一九九一年の海部俊樹内閣にまでさかのぼります。このとき、第三次行政改革推進審議会の「豊かなくらし部会」の委員に就任
政治を動かして儲ける「政商 」とか、
〇〇〇、とか、怖い噂の記事も多かったですよね。

2009年1月31日 ... 郵政 民営化でオリックス 宮内義彦 会長ボロ儲け -国民の財産「かんぽの宿」が改革利権の手に落ちる! .... 郵政 が 払い下げ た「かんぽの宿」には1万円で 払い下げ たものがあり、購入した民間業者が半年後に6000万円で転売して儲けていた。






関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント