2015/07/22

日本の若者、自殺は世界一 権力者は「自己責任」として切り捨る 助けてといえないで・・死んで行く

けんり
ID:tona5u

わが国は治安が良く、安全な社会だと言われるが、近年にあっては国民の生活不安をもたらす要素は数多くある(格差、貧困、老後の厳しい生活......)。それにもかかわらず社会の秩序が揺るがないのは、これらに由来する苦悩や葛藤の多くが「自己責任」として切り捨てられているからだ。育児や介護などと同じく、生存危機の処理も「私」依存型の社会のようだ。
 統治者にすれば都合の良いことだろうが、このような社会が健全であるとは思えない。「他人に助けを求めるのは恥ずべきこと」、「何でもかんでも自己責任」という機械的な思考を克服すると同時に、この「内向的」な国民性の上に政府があぐらをかいていないか、国民は絶えず監視の目を向ける必要があるだろう。



ニューズウィークは アメリカの代表的な雑誌ですが
日本の雑誌以上に 日本の実情を解りやすく書いています。

書きたくても 
自国に不都合な記事は書けない事情があるのかもしれませんがね・・・?

こんな記事が・・
韓国が実質賃金日本を追抜く


自殺が多いのは韓国だと書かれているのは、多くの人が知っています。

韓国の自殺は お年寄りで
若者の自殺は 日本が多いのです。

国際統計では、一番多いのです。
上の引用元のグラフを参照してみてください。

お年寄りの中でも 団塊世代は、 退職金の多い人が沢山居て
立派な 家も立てています。

比較的安定して 自殺も少ない

今の若者が、安定した仕事もなく
年功序列で賃金も上がらず
頻繁に解雇されます。
子育てにお金がいるときに解雇されたら

即 子供まで貧困で苦しみます。

社会保障切り捨てで 貧乏人を増やし 株主優先の安倍内閣の責任は、
誰でも知っています。

安倍自民党に何を言っても動きません。

でも 公明党が嫌と言えば 法案は通せませんよね。

安保法制は ナゼ 長年平和党のハズの公明党が賛成したかは
いろんな記事が出ていました。

賛成しないと ・・
池上彰氏は 公明党と創価学会は政教分離違反だと、言ったとかの記事がありました。

公明党は 信仰の自由を言うでしょう?
自民党が自分の政策案に賛成しないなら、
責任者の証人喚問でもすれば 党は消滅しませんか?

こんなことを考えると 自民党と寄り添って行くしかないのかもしれません。

自民党も 公明党が選挙協力断れれば議席が減ります。

選挙協力が国民と政治を切り離していると思うのです。

例えば、
安保法案は、国民は反対が多いのに 
国会議員は賛成の数の多い 不思議の正体が選挙協力ですよね

ここで 言いたいのは、 若者の自殺を止めるには
自民党に 言うよりも 公明党に問うべきだと思うのです。

今回の安保法制抗議デモは 珍しく

がありました。

デモに参加された。
創価学会員の方も 党や幹部の権利争いより 
日本の将来を優先することを選ばれたことに
敬意を示す記事にしたいと思います。




関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント