Article

                   
        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

寝る前でも食べれば 良い睡眠が取れるもの

category - 健康
2016/ 03/ 03
                 

良い食事のとり方。まず腹7分目にして下さい。食べすぎは体に悪いです。理想的な食べ方は、朝は果物、昼は野菜と魚、そして夜は野菜と肉です。これが胃に負担無く、消化にエネルギーをそんなに使わない食べ方です。食べ方はともかくとして、なんにせよ食べすぎは絶対にだめですね。

寝る前に食べるなら何がベスト? on.wsj.com/1TTHTYG ある専門家は、サクランボやバナナといったフルーツなど、夜食にふさわしい物を食べれば、質の良い睡眠をとる手助けになるという pic.twitter.com/TOenpXR4y9

健康的な選択肢はフルーツ

質の良い睡眠をとる手助けになると話す。緑の葉菜類やカボチャの種はマグネシウムを多く含んでおり、筋肉を弛緩させる作用があるため、脚に違和感を覚えて不眠症の原因にもなる「むずむず脚症候群」を抑えるはたらきがある。

牛乳、未加工のターキー(七面鳥の肉)、ヘーゼルナッツはアミノ酸の一種であるトリプトファンを多く含んでいる。トリプトファンは睡眠を助ける神経伝達物質のセロトニンに変化する。「トリプトファンは私たちに必要なレム睡眠にどれだけ早く入れるかにも関連している」とアーネスト氏は指摘する。サクランボやバナナ、パイナップルといったフルーツがホルモンの一種で睡眠作用のあるメラトニンの生成を促すと話す栄養士もいる。アーネスト氏はどんなフルーツでもおそらく構わないと話す。他のスナックに比べれば、大概のフルーツは脂質が少なく、カロリーも低いからだ。「一日に必要なカロリーを継続的に上回らない限り、夜中のフルーツは問題にはならないはずだ」

食事を抜くから夜中にお腹がすく

就寝時のおやつはおそらく、不規則な労働時間が当たり前になっている社会においては必要悪のひとつだ、とアーネスト氏は話す。同氏は2型糖尿病といった代謝異常と体内時計との関係を専門に研究している。米国人の多くは仕事や用事に費やす時間をより多く捻出するために食事を抜く。「そうすると夜の11時や真夜中にお腹がすく」とアーネスト氏。「だから、本当は間食をしているのではなく、通常の食事を何か素早く簡単に食べられるものに置き換えているのだ」

おからは良いですよ。ダイエットだけじゃなく体の調子を整えるには頻繁に食べましょう。食べ方もいろいろあるみたいです。

生姜は食べ方次第:生姜は体を温める食材というイメージが強い。しかし生と加熱したものでは効果が真逆。生生姜は体を冷やす。風邪などで熱があるときは生が解熱効果からも摂ると良い。生生姜には強い殺菌力がある。身体を温める効果は生生姜にはないが、殺菌には生生姜が良い。

関連記事
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。