2016/02/26

アメリカの大統領選挙に資金力は意味が無い

 
トランプ氏が 3連戦の独走中 凄いですね。
大富豪ですか 経済団体から嫌われています。
最大のライバルは 3代続いた名門 ブッシュ氏とは違い
不動産業ですから 関連企業や取引先関係の支持がありません。
選挙資金ブッシュ氏は大企業をはじめ キリスト教関連から集めていましたが
トランプ氏は 自分の金で戦っています。
献金が無いということは賄賂が無いことです。
好感が持てます。
元大統領のブッシュが 悪の枢軸と 宗教用語で核装備している世界にウソをツキ
湾岸戦争をおこして 日本には戦費を世界で一番出させて
大勢殺しました。
トランプなら そんな 悪どい戰爭はしないはずです。

これが アメリカの宗教 武器産業をはじめとする 戰爭商人達が
何としても トランプ氏を引きずり落としたいと
・・・?
思ったかどうかしりませんが 下記のように新聞で攻撃を始めました。
日本で言うと・・ 産経新聞のように権力寄りの新聞ですかね?

米有力紙ワシントン・ポストは25日付で、大統領選共和党指名争いをリードする実業家

トランプ氏について、大統領としての資質に欠けると痛烈に批判し、

党の有力者らに対し不支持を明確にするよう強く要求する異例の社説を掲載した。
連日 トランプ氏のニュースが目立ちますが
ほんとに 強いのは トランプ氏の共和党ではなくて
民主党ですね。
 

民主党は 庶民の代弁者のはずですが ヒラリー候補は大企業をはじめ 過去最大級
の選挙資金を集めました。
日本の民主党が政権党時代は 経団連の会長が、官総理大臣が嫌いで 野田に替える
ように言ったら トントン拍子で 野田総理大臣に変わりました。
民主党の最大の支援者の連合は大企業の組合から選ばれています。
代弁者組合は 私の知って限り 会社側に代弁者しか執行部に入れません。
組合から民主党議員になれば 会社側の経団連かの思惑どおりになると思います。
証明するように 経団連の指示で民主党の総理大臣が替りました。
アメリカの ヒラリー候補は 献金が多いほど 賄賂の疑いも付いて回ります。

比べて サンダース氏は 小口の寄付だけです。
貧困に苦しむ若者の半数近くが最大の支援者です。

日本と大違いですね。


トランプ氏が 独走でも 本命 民主党 ヒラリー サンダースは接戦になるとおもいますが
三人とも TPP廃止と言っています。
安倍総理が 米国に追従で 政治要望書どおりに 戰爭保安とTPPを進めました。
準備には 労力と大金がかかりましたが
次の大統領で 消えてしまいます。
この 損失は 安倍総理と支援の宗教 財界が国庫に戻すべきです。


ヒラリー・クリントン氏「人種や肌の色などによる差別 不公平、無視できぬ」=黒人射殺で沈黙破る

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント