2016/02/13

労働者をウツにさせる方法を指南する社労士の処分が軽すぎる

 
「モンスター社員の解雇方法」と題したコラムを43回にわたって掲載。このうち約10回分が権利侵害を助長する不適切な内容だった。  コラムは、逆らう社員をうつ病にして追放する方法とし、就業規則違反に厳しく罰を与え、適切合法なパワハラを行うなどと書いた他、社員の健康管理で行うストレスチェックを「うつ病のあぶり出し」と評したり、退職の際の有給休暇の申請を「何様のつもり」などと批判したりした。  この社労士については、愛知県社労士会が昨年12月に3年間の会員資格停止とし、退会を勧告している。

社員をうつ病にさせる方法 パワハラを勧める、悪徳社会保険労務士の指南書


罪がかるすぎる。
鬱で 自殺者した被害もあるかも知れない。

再起不能 永久資格停止以上の罰を与えるべきだ。




関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント