2016/01/29

高齢者のがん検診は不要 米国の医療機関

余命10年未満の人には前立腺がん・乳がんのスクリーニングを行わないことを推奨

65歳以上の高齢者15万人のデータを収集した結果、対象者の51%は前年に前立腺特異抗原(PSA)検査またはマンモグラフィを受けていた。これらの検診を受けた人のうち約31%は余命10年未満であった。



がんが見つかって 
死ぬのを待つのを辛い

高精度な検査法が 開発されるほど・・
良性のがんまで 見つかる

そのがんを 切ったり 焼いたりして
がんが治ったと言っても・・

放置にても 無害のものが多い

ならば・・
がんがあっても・・

放置の方が・・
心配しないだけ・・

ストレスで心身を傷めないだけ・・
検診をしない方が長生きしそうだ・・

ましてや
余命の短い 65歳以上を 検診に勧める

のは・・
医療費の無駄遣いではないでしょぅか。

検診代を 海外旅行など 趣味に使った方が
ストレス発散できて

長息すると思うのですが



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント