Article

                   
        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

外国人労働者受け入れたら「幸福度」世界最下位になった。シンガポールは 明日の日本かも?

category - 貧困
2015/ 08/ 09
                 
ID:tona5u

外国人労働者を受け入れて
急激に 経済を伸ばしたシンガポール

幸福度最下位になったと 首相が嘆いています。

上の 新聞は だいたい 下記にように書かれています。
一党支配の長期政権で、アジアで最も豊かな国となった。
一方、格差拡大などで「能力至上主義」の成長モデルは行き詰まっている。

国民1人当たりの国内総生産は、日本や米国追い抜き、
独立時に比べ100倍以上の約5万5千ドルに膨らんだが・・

若者を中心に所得格差や移民流入による就職難に不満を抱く層が増えたために
「幸福度」調査では、148カ国中、最下位になった。

首相は 生産性向上により外国人に頼らない発展の継続を訴えたが、前途は多難だ
引用元: シンガポール「幸福度」世界最下位 アジアで最も豊かなはずが 建国50年、「能力主義」行き詰まる(3/3ページ) - 産経ニュース.


今の日本では、
財界の要請で 安倍自民党は、毎年20万人の移民を受け入れていると言っています。

今でさえ 生活は苦しくなる一方で



統計を 見ますと

一人あたりのGDP 

 1 位、   モナコ        173,377 米国ドル
14 位、   シンガポール、    54,649  
32 位、   日本          38,528 

2015年1月3日時系列推移1990-2013年まで掲載 出典 世界の1人当たり名目GDP 国別ランキング・推移(国連)

 日本は ケタ違いのお金持ちは少ないですが 
人口あたりのお金持ちは世界一多いです


日本の富裕層人口伸び率は世界最大
360万人世界2位、海外資産2.5兆、定義5億~10億以上プチ1億~5億未ので

平均値が、 32位ということは 
大多数のの庶民は 遥かに下位と思って下さい。




安倍政権は ひたすら 低所得者を増やし
 コストダウンで経済成長をと言いますが。

下のように 何かを間違えているのか?


意図的に 低所得者いじめが趣味なのか・・?

不可解でございます。

今日本が することは

アメリカはシェールガスでエネルギーが断然安くなり 
3Dプリンターなどで 製造コスト低減させて 
中国の低賃金コストと対抗できる見込みです。

高度成長した日本は 賃金も高くても
コスト維持のため 
金型や ロボットな生産技術は 世界ダントツでした。

でも

安易に コストダウンを図るため
安い労働力を海外移転や 派遣法のに頼りました。

その分 日本と得意な 生産技術力が成長減速し

3Dプリンターなど 労働力替わる技術は 大きく引き離されました。
日本の政財界の責任です。


日本の最も悪い方法を取ったのが

賃金を安くするため 派遣法の導入です。

結果は
子供を産めない 育てれない

貧困者を量産して

少子化を加速した。


日本は、派遣社員を破棄して
高賃金でも 経営が成り立っようにすることです。

昔の 経済企画庁のよに 
経営支援を国の役人がすべきです。

小さな政府を目指したから 小さな分 非正規の公務員が増え
民間では 非正社員が増えたでしょう。

役所なら 受付から 緑のおばさんまで 正規公務員の
昔に返すべきです。

不足する お金は・・

高すぎる 正規の賃金を減らし
それでも 不足する分は

世界一のの海外資産の
アメリカ国債を減らすべきです。


弱すぎる 民間労働組合は 御用組合になりやすい企業内組合を禁止して
産業別にすべきです。

それらは 海外資産で・・、国内のロボットなど 自動化で支援にまわして

コストを下げ・・
外国人労働者を入れなくて済むようにすべきです。




低所得者の賃金にまわし・・

子供を作れる国にすることを
最優先にした政策にすべきです。














関連記事
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。