Article

                   
        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

バスで大声で泣き叫ぶ赤ちゃん 運転手がやさしく声を掛けました。

category - 貧困
2015/ 09/ 04
                 
路線バスで母親の腕に抱かれた赤ちゃんがぐずり始めた。母親と友人の女性が2人であやしていたが、赤ちゃんは手足をばたつかせ泣き声は大きくなるばかり。友人は途中で下車し、母親は立ち上がりあの手この手であやすも泣きやむ気配はなかった。 10分ほど経った時、車内アナウンスが流れた。 「お母さん、大丈夫ですよ。赤ちゃんですから気になさらないでください。きっと眠いか、おなかすいているか、おむつが気持ち悪いか、暑いかといったところでしょうか」 明るい口調でミラー越しに語りかけたのは、鈴木健児さん(46)。乗車歴20年のベテラン運転手だ。


上のニュース見て

なんだか・・

嬉しくて

涙が出ました・・

赤ちゃんが
夜泣きして 暴力を振るい

殺したとか

虐待したとか・・

ネットで探せば
途切れた日がないくらい
騒音の問題は巷に溢れています。

最近では

 病的になってきたと嘆いています。



原因は ストレス貯まりまくり

最先端は
収入格差問題が大きいでしょう。


お年寄りだって

僅かな人数の
日本の富裕層は360万人世界2位との際だったお金持ち。

その他の 高齢者の

それ以下の下流老人


今の若い人が老人になる頃は大変ですね。

貧困老人の死亡率は
女が2.5倍で男が3.5倍と 収入格差は 命の格差でもありますね。


ストレス溜まり 騒音が我慢できないのではないでしょうかね。



ナゼ・・
そうなるのか

アベノミクスと誰でも言えますね。
それを 支えるのは

お年寄り 

自民党の推薦受をければ 誰でも国会議員になれます。
推薦条件が 以前は 遺族会の推薦があるか?でした。

統計や科学的政策よりも
支配者が造った宗教、を信じて 宗教支持政党に任せます。

分からないことは神頼みでしょうか?


安保法案は全憲法学者が反対しましたね。

神?宗教とは反対側に居る
知識人は反対ともいわれています

今の政権与党は
際立って 投票率の高い
お年寄りが日本の政治を選びました。

お年寄りが任せた
政治家たちが選んだ

安倍内閣が
先進国最下位の最低賃金にしました。




少子化で 子供が結婚出来ない
孫ができない

少子化で自衛隊の居なくなれば・・
日本もなくなるでしょう。

生活保護が少ない 老後が心配だ・・
これらは 先行き不安は、

今の お年寄りの投票結果ということを
シッカリと 覚えておいてくださいね。

・・・!?

そんなこと 知っている方には

すみません



シルバー民主主義
高齢者の数が多く 投票率の高い
今の政治の問題点
高齢化が進めば、高齢の有権者の比率が高くなる。政治家が選挙で当選したいと思えば、高齢者の気に入るような政策を重視するしかなくなり、結果的に、社会保障制度の給付削減など高齢者の負担増につながるような改革に踏み込めない

シルバー民主主義の結果が


東京都議会は3月27日、「子どもの声」を都の騒音条例の数値規制の対象から外すことを全会一致で決めた。これは何を意味しているのか。





関連記事
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。