FC2ブログ









冬の「脱水症状」と「死の四重奏」

友人の名城病院の内科医「赤澤貴洋(きよひろ)」先生が言っていましたが
冬に救急搬送される患者さん、結構多いのが高齢者の脱水症状だそうです。
 
脱水症状=夏?
1日飲み物で1,2ℓ以上の水分を摂取しますが、夜トイレに行くのが嫌で水分摂取が少ない人が多い様です。
就寝中300~600mlも発汗しています。
特にヒーター付きの寝具は、発汗量が増えます。
65歳以上の人は要注意?
脱水症状を起こすと、血液がネバネバ、ドロドロになり、血栓等の原因になります。
就寝中に脳梗塞や心筋梗塞を起こす原因の一つかもしれません。
特に糖尿病や高脂血症の方は要注意ですね。
症状の進行は「かさ、ねば、だる、ふら」と言われます。
1、肌がカサカサ
2、口がネバネバ (お酒の飲みすぎのネバネバも脱水症状)
3、体がだるい
4、体がフラフラ
「かさ、ねば、だる」になったら水分摂取。
治らなければ医療機関を受診してください。
「かさ、ねば、だる、ふら」になったら救急車ですね。
予防は
早めに夕食を食べて、就寝12時間前まで水分補給、就寝前にトイレに行ってからお休み下さい。
朝、食前の散歩やジョギングは、お茶などの水分摂取後にして下さい。
その他、冷えて血圧上昇し倒れる事も多いです。
夜間、トイレに行く時は暖かくして、首にタオルを巻いて保温する事。
特に「肥満、高脂血症、糖尿病、高血圧」の方は気をつけてください。
「肥満、高脂血症、糖尿病、高血圧」は動脈硬化から脳卒中などを発症する原因です。
1つ該当するだけで、発症率は5~6倍
4つ揃うと「死の四重奏」と言われて発症率は35倍になります。
予防の鍵は「食養生」と「腸内細菌」
今月のラジオ大阪・1月のプレゼント「レアシュガーオリゴ」もお勧めです。
肥満、高脂血症、糖尿病は甘い物、油物と動物性蛋白を控えて、発酵食品(酸っぱい物)を食べる事
動物性食品は小魚。シラスに大根おろしとポン酢がいいですね。
小魚や青味の魚はオメガ3脂肪酸を含有しています。
サラダには「インカインチオイル」とポン酢を混ぜたドレッシングもいいですね。
オクラ、山芋、納豆などのネバネバ食品もお勧めです。

 
ラジオ大阪1314OBC かっちゃん&みゆき


転載元: ドクトルかっちゃん ・ 笑顔で元気1314・OBC

関連記事
スポンサーサイト



[ 2014/02/03 22:13 ] 動物 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okonnba.blog29.fc2.com/tb.php/1246-678657a5