FC2ブログ









好きになる人・嫌いになる人。それってどんな人?

男女問わず、どうしても嫌な人・馬の合わない人、てどう頑張ってもいるもの。
 
「好きになる」可能性は、嫌いになる決定的原因を持っていない者全てにあるから、その原因が分かれば、それを持っていない人は皆、きっと好きになれるんだと思う。
 
どうしても嫌いな人・・・どんな人だと思う??
 
「自分とよく似ている人」なんだよね。
前、心理学の本で読んだことがあって、根拠も書いてたけど・・・忘れた
 
だから、以下は私が勝手に分析したこと。
 
「自分とよく似た人格や性質を持っている人」は「自分が持っているもの・持っていないもの」も共通していることになる。
だから、簡単に言ってしまえば、「穴を埋め合えない」んだよね。
 
自分が持っている、誇れる・自慢したいような何かを、相手も持っている。
つまり、癇に障る事が多かったり、「何であんたが!」みたいに思ったり、してしまう。
さらには、自分の嫌いな所も持っているのだから、ますますダメかもしれないです
 
特に、自分を嫌いな気持ちが強い人ほど、この傾向も強くなると思う。
そうゆう人は、無意識の内に相手に自分を重ねて、嫌いになっていく気持ちは加速度を増してしまう。
 
「類は友を呼ぶ」とは相反する結論と捉えられるかもしれないけど、違うと思うな。
「類は友を呼ぶ」ていう故事成語は、良い意味で使う時と、悪い意味で使う時があるけど。
コレはもっと広い意味で使う言葉だと思うから、「似た者同士」と言っても、性格とか人格の問題じゃなくて。
「似た様な言動を行う者同士」ってことだと思うから、まぁ当たっていることが多いと思う。
 
 
私が嫌いな人は、4姉妹の内の2番目のお姉ちゃん、とは前も書いたけれど。
確かに、私と似ているのかもしれない。価値観は過ぎるくらいに違うけれど。
 
弱いくせに強がるトコ。良くも悪くも、勤勉なトコ。コンプレックスが強いトコ。言葉が悪いトコ。
いつも、感情で体当たりするトコ。
 
 
昔から、ママからは「似ている」とよく言われていたんだけど、嫌いだから、当然気分が悪くなる(笑)。
まだ、子供過ぎたのかな・・・。
 
ママに腹が立っている時も、責めたりムカついている部分は、自分とよく似ている所だったりする。
 
絶対と言うほど好きになれない人・合わない人って、磁石の同極同士のように反発し合って、一時もくっついていることが出来ない、ホント厄介な存在だけど・・・。
 
無理してまで、仲良くなろうと頑張らなくてもいいんだと思ったの。
自分とそこまで似ている人と出逢う確率は、そう高くはないはずだし。
 
それ以外の人間、つまり大多数の人達とは、何かしら不都合が生じることはあっても。
いつかはきっと、分かち合う事が出来ると思うの。
 
その為には、人の粗探しが得意になるよりも、いいなぁ、と感じる所・尊敬する所・真似したくなる所・・・
そうゆう「長所」や「魅力」に気付けるようになれたらいいんだと思う。
 
そして、相手の心に無断侵入せずに、まずは自分が心を開いて接すること。
それが、他人と良い関係を保つ為には大切な意識なんだと思う。
 
・・・なんかいつの間にか論点ズレてるけど(笑)。
 
そんなことを、考えてたの
最後まで読んで下さった方々、ありがとうございます






転載元: まりちゃんの部屋(*^_^*)

関連記事
スポンサーサイト



[ 2014/02/19 09:42 ] 笑い | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okonnba.blog29.fc2.com/tb.php/1153-ea6773b8