2016/02/19

アメリカの銃器業界、6歳の子どもを対象にカラフルな銃を販売、親たちにもわが子が幼いうちに銃を与えよう


【2月19日 AFP】米国の銃器業界が、わずか6歳の子どもを対象としたカラフルな銃を販売し、親たちにもわが子が幼いうちに銃を与えようと呼び掛けているとの報告書が18日、発表された。

 銃による暴力の撲滅を目指す米非営利団体「バイオレンス・ポリシー・センター(Violence Policy Center)」がまとめた報告書は、米銃器業界が新たな市場として幼い子どもたちに狙いを定めていると主張。その理由として、これまで顧客の主力だった白人男性の高齢化が進んでいるためだと説明している。

 報告書では、子ども向け銃市場開拓の「積極的な努力」として、子どもでも扱いやすいようプラスチック製のパーツで軽量化を図ったり、子どもの目を引くカラフルな色の銃を取りそろえたりしている事例を紹介している。女児向けにピンク色の銃もあるという。

 報告書はまた、銃器業界やロビー団体の目的は、子どもが「できるだけ幼いうちに銃を持たせる」よう親たちに働きかけることだと指摘。「銃の売上増への期待と同時に、次世代の銃所持賛成派を育成して将来の政策論争に備えようともくろんでいる」と述べている。

 同センターによれば、米国最大の銃ロビー団体「全米ライフル協会(NRA)」は以前、対象を「8歳未満」と「8歳以上」に特化した子ども向けウェブサイトを運営していた。このサイトは現在、家族向けの「NRAファミリー(NRA Family)」となっており、対象年齢6~12歳のライフルに関するレビュー記事などが掲載されている。(c)AFP

アメリカには あきれました。



銃規制の大統領令の発動か アメリカで強化の対話集会で規制強化を オバマ 氏が理解を求める方針。















style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-3627176907673402"
data-ad-slot="7666192189"
data-ad-format="auto">



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-3627176907673402"
data-ad-slot="2374928988"
data-ad-format="auto">

スポンサーサイト
2015/11/08

【UNO】アメリカに住みたくても住めない?

いい記事です