2016/02/20

ローマ法王「避妊は絶対悪ではない」トランプ氏は「キリスト教徒ではない」

バチカンは避妊や中絶を認めていない。前法王のベネディクト16世はエイズ対策のコンドームについても「配布は問題を悪化させる」と述べたことがある。  フランシスコ法王はこの日、法王パウロ6世(在位1963~78)がアフリカで活動する修道女らに対して、レイプの危険がある場合の避妊薬使用を許可した例を挙げた。ただ、ジカ熱がその特例にあたるかについては明言を避け、医師らがワクチン発見に全力を尽くすよう呼びかけた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
避妊を許すとは
驚きました。

ローマ法王、トランプ氏批判 「キリスト教徒ではない」:朝日新聞デジタル 


キリスト教が世界宗教になったのは植民地支配・宗教街頭で南無妙法蓮華経と唱えるのもテロとみなされる。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。