2015/04/16

●薬が毒に変わる危ない食べ合わせ

 こんにちはゆかりです。
  

 ドラッグストアの市販薬を服用する人は多いです。 市販薬でも一緒に食べるものによって、思わぬ副作用が起きることがあります

 市販薬は病院薬に比べて弱く、副作用も少ないと甘く見がちです特に葛根湯、ベンザブロック、パブロンエースは、薬と食べ合わせで、キツイ副作用があるかもしれませんので注意してください。




女性自身
2012年08月20日 


『薬が毒に変わる危ない食べ合わせ』(実業之日本社刊)の著者で、東山田クリニック院長の柳川明先生はこう警鐘を鳴らす。

漢方薬の『葛根湯』。

  マグロやブリ、アジ、サンマといった魚類を食べた後にこれを飲むと、顔面紅潮、発汗、嘔吐、頭痛といったまるで食中毒と同じような症状起こすことがあります。

マグロなどに含まれるヒスチジンという物質が体内でヒスタミンに変化。葛根湯にはヒスタミンを体内にため込む働きがあるためヒスタミン中毒を起こしてしまうことがあるんです」

『新コンタックかぜ総合』や『ジキニン顆粒A』、解熱鎮痛薬『小児用バファリンチュアブル』などと、ケーキやアイスクリーム、サイダーなど糖分を多く含む炭酸飲料

「解熱鎮痛作用の主成分であるアセトアミノフェンが胃の中で糖分と交わると、糖分と薬が吸着してしまい体内に取り入れにくくなります。その結果熱が下がらない、痛みが引かないといったことが起こるんです」

『パブロンエース錠』や『ベンザブロックIP錠』はにんにくや唐辛子と相性が悪い
「解熱鎮痛成分として入っているアスピリンやイブプロフェンは胃を荒らしやすい成分。胃に刺激を与える食材と一緒に胃に入ると、相乗効果で胃がむかむかしたり、痛みが走ったりすることがあります」

④せきどめ薬『アネトンせき止め顆粒』はステーキや焼き魚の焦げ目成分が苦手だ。一緒になると成分のテオフィリンが無力化して、早く体外に出てしまうため効果が半減してしまうという。夏バテ胃もたれなどのときお世話になる胃腸薬では『新キャベ2コーワ』などが意外にも肉や乳製品などの高タンパク食品がダメ。

「タンパク質に含まれるリン酸イオンが薬に含まれる水酸化アルミニウムを別の物質に変えてしまうため、薬の効き目が落ちます」

H2ブロッカー胃腸薬はカフェイン飲料(日本茶、ウーロン茶、コーヒーなど)とも相性が悪い。胃酸の働きを抑えるH2ブロッカーと、胃酸の出をよくする働きがあるカフェインが相反する作用をするので、薬の効き目が弱くなったり、効かなくなったりするそうだ。


転載元: 医学部ゆかりの医療ブログ

スポンサーサイト
2015/01/08

ラジオ大阪・初放送

皆さんお正月は美味しい物、いっぱい食べましたか?
少し胃腸を休める為に消化の良い物を食べましょう。
湯豆腐、納豆、漬物、リンゴも美味しい
今年は未年。
羊年の人は、何を食べても文句も言わずに感謝して食べます。
ウメー ウメー?
今日のお葉書の前田ヒデ子さんのご質問ですが、ホルモンとコレステロールについて
女性は更年期と共にコレステロールが上がる傾向があります。
卵巣から分泌される女性ホルモンのエストロゲンは更年期と共に低下します。
エストロゲンはLDLコレステロールを肝臓に蓄積させて、血中コレステロールを下げる働きがあります。
大豆製品を食べてイソフラボンを補う事が大事です。
HDLを増やす食べ物を摂取する事。小魚、ゴマ、ナッツ、オメガ3(インカインチオイル)
コレステロールの薬は年間3000億円も使用されていますが、70%は不必要だと指摘している専門医もいます。
薬でもホルモン補充療法の方が効果もある様です。
閉経後はプラセンターの注射や点滴も効果がある人もいます。
とにかく直ぐ出来る事は食養生ですね。
体を冷やすとホルモンの分泌も悪くなるので、とにかく冬は冷やさない事と、温める事
温熱療法もお勧め
佐久市の岩下さんの様に乾布摩擦も良いですね。
乾布摩擦は毛細血管の血行促進作用抜群です。
特に背中をしっかり擦ること。背骨の周りは太い血管があるので、刺激をすると全身の血流も良くなります。
佐久市は本当に寒いでしょうね。
私も来週は沖縄で講演会があって、二日後は長野県の飯田市で講演です。
気温の差が激しいから気を付けないと・・・
      ラジオ大阪1314OBC かっちゃん&みゆき


転載元: ドクトルかっちゃん ・ 笑顔で元気1314・OBC

2014/08/16

市立病院が無くなり、街から救急病院が消えた・・結果!死亡率、医療費、救急車の搬送回数、全てが下がった・・


財政破綻により市立病院が無くなり、街から救急病院が消えた夕張市。高齢化率45%のなか悲惨な現実が待ち受けるかと思われたが、結果はその真逆だった–。 死亡率、医療費、救急車の搬送回数、全てが下がった

出典 病院がないほうが死亡率が下がる! 夕張市のドクターが説く、"医療崩壊"のススメ | ログミー[o_O]

なんだか・・高齢化も 医療崩壊も心配しなくてもよさそうな気持ちになりましたよ。

我が家は 心配症で
脳梗塞ならここ、心臓ならここと だいたい決めています。
近くに 雑誌に記載される 病院ランキングの上位とされる総合病院がありますから・・

ホームードクターで済むのまで 大きな病院へいきます。
これが、かえって良くないのですね。
理屈では分かっていても・・

我が家は愚か者ばっかし・・だもんで。

長生きする県は 長野、沖縄、・・そして 夕張・・
みんな、医療機関にめぐなれていないとろこばかりですもんね。

医療崩壊と言われるところの地域に住んでおられる人は・・
自分でしっかりと予防しますもん。

田舎だと100才近くまで田畑の見回りし
・・・

救急車呼ぼうなんて考えないで・・
呼ぶほどなら覚悟しちゃう・・?

ガンなら 抗がん剤や手術などより
家族と自然のお迎えを待つ・・

従来の医療は、効果なしと言う医者もいますし納得できます。

私は・・? 皆さんも?
恵まれた病院と思い込んでいたのが
実は
薬漬け 儲け第一医療・・金と命までむしりとられていたのかもしれませんね。







2014/07/19

●絶対に覚えて欲しい「薬の食べ合わせ」

 

 こんにちはゆかりです。 

 ドラッグストアの市販薬を服用する人は多いです。 市販薬でも一緒に食べるものによって、思わぬ副作用が起きることがあります。

 市販薬は処方薬に比べて弱く、副作用も少ないと甘く見がちです。特に葛根湯、ベンザブロック、パブロンエースは、薬と食べ合わせで、キツイ副作用があるかもしれませんので注意してください。



女性自身
2012年08月20日 

『薬が毒に変わる危ない食べ合わせ』(実業之日本社刊)の著者で、東山田クリニック院長の柳川明先生はこう警鐘を鳴らす。

漢方薬の『葛根湯』。
  マグロやブリ、アジ、サンマといった魚類を食べた後にこれを飲むと、顔面紅潮、発汗、嘔吐、頭痛といったまるで食中毒と同じような症状起こすことがあります。
マグロなどに含まれるヒスチジンという物質が体内でヒスタミンに変化。葛根湯にはヒスタミンを体内にため込む働きがあるためヒスタミン中毒を起こしてしまうことがあるんです」

『新コンタックかぜ総合』や『ジキニン顆粒A』、解熱鎮痛薬『小児用バファリンチュアブル』などと、ケーキやアイスクリーム、サイダーなど糖分を多く含む炭酸飲料

「解熱鎮痛作用の主成分であるアセトアミノフェンが胃の中で糖分と交わると、糖分と薬が吸着してしまい体内に取り入れにくくなります。その結果熱が下がらない、痛みが引かないといったことが起こるんです」

『パブロンエース錠』や『ベンザブロックIP錠』はにんにくや唐辛子と相性が悪い
「解熱鎮痛成分として入っているアスピリンやイブプロフェンは胃を荒らしやすい成分。胃に刺激を与える食材と一緒に胃に入ると、相乗効果で胃がむかむかしたり、痛みが走ったりすることがあります」

④せきどめ薬『アネトンせき止め顆粒』はステーキや焼き魚の焦げ目成分が苦手だ。一緒になると成分のテオフィリンが無力化して、早く体外に出てしまうため効果が半減してしまうという。夏バテ胃もたれなどのときお世話になる胃腸薬では『新キャベ2コーワ』などが意外にも肉や乳製品などの高タンパク食品がダメ。

「タンパク質に含まれるリン酸イオンが薬に含まれる水酸化アルミニウムを別の物質に変えてしまうため、薬の効き目が落ちます」

H2ブロッカー胃腸薬はカフェイン飲料(日本茶、ウーロン茶、コーヒーなど)とも相性が悪い。胃酸の働きを抑えるH2ブロッカーと、胃酸の出をよくする働きがあるカフェインが相反する作用をするので、薬の効き目が弱くなったり、効かなくなったりするそうだ。


転載元: 医学部ゆかりの医療ブログ

2014/06/10

使用済み核燃料棒555本があったはずの住友化学愛媛工場(新居浜市)で爆発・火災▼あったのだが

 
使用済み核燃料棒555本
 あったはずの住友化学愛媛工場(新居浜市)で
 爆発・火災があったのだが
2014年6月9日月曜日 はなゆーさまより引用↓
 
 
住友化学愛媛工場で火災 倉庫2棟全焼
(日本テレビ)

http://news24.jp/articles/2014/06/08/07252682.html

8日午前2時25分頃、
新居浜市の住友化学愛媛工場の
敷地内にある子会社の
倉庫で火災が起きた。
 
倉庫には大学や
研究機関などから出た
使用済みの試験薬などが
保管してあったという。
 
周辺住民によると、
火は複数回にわたって
爆発音を伴い、激しく燃えたという。

この火災で、
倉庫2棟、
計約500平方メートルが全焼した。



《備考》

文部科学省所管原子力施設における放射線業務従事者の被ばく管理状況及び放射性廃棄物管理状況について
(平成20年度)


別表2-3 平成20年度放射性廃棄物管理状況
(核燃料使用施設:政令第41条非該当事業所)

http://www.nsr.go.jp/archive/mext/a_menu/anzenkakuho/news/genshiro_anzenkisei/__icsFiles/afieldfile/2009/09/07/1284216_3.pdf


(魚拓)
http://megalodon.jp/2012-0422-0611-14/www.mext.go.jp/a_menu/anzenkakuho/news/genshiro_anzenkisei/__icsFiles/afieldfile/2009/09/07/1284216_3.pdf


181 住友化学株式会社  愛媛工場 新居浜地区

愛媛  555 本

※1  液体廃棄物を保管している施設
(引用終わります)
 
 
イメージ 1
 
 
 
みなさま、
ご存知かも知れませんが
私は青くなりました
 
 
 
 
ここを拝見↓
 
ほんの一部だけですが
ピックアップしました
 
 
153 住友電気工業㈱ 大阪製作所大阪49
 
156 パナソニック㈱ ライティング社 高槻地区大阪70
157 三井化学㈱ 大阪工場大阪1,889
 
 
177 三井化学㈱ 岩国大竹工場山口3,379
 
 
181 住友化学㈱ 愛媛工場 新居浜地区愛媛555
 
182 (財)九州環境管理協会 環境放射能分析室福岡0.05
 
184 九州大学工学部福岡16
186 日本タングステン㈱ 飯塚工場福岡46
188 九州電力㈱ 玄海原子力発電所佐賀78
 
190 旭化成㈱ 延岡支社 日向細島一区事業所宮崎8,030
191 九州電力㈱ 川内原子力発電所鹿児島40
 
 


転載元: 模型飛機

2014/01/29

がん征圧は間近か! がん細胞を正常細胞に転換に成功! \(^-^)/

 乳癌と胃癌で両親を亡くした者としては、
全身に転移している癌を切除する不合理さ、
切除手術の悲惨な結果などから、
 
これとは全く異なる革命的な療法が確立されるよう待望していたが、
 
このほど、突破口が発見された。
鳥取大三浦典正 准教授らに感謝、感謝\(^-^)/
 
 これで、薬で癌を征圧できる時代がぐっと近くなった気がする。
 
 あと10年頑張ろう。
 
 ノーベル賞も近いかな\(^-^)
 
(元記事)
がんの征圧は間近か!? - 鳥取大、悪性度の高い未分化がんを正常細胞に転換
マイナビニュース 128()1136分配信
 
 
鳥取大学は125日、クローニングしたRNA遺伝子に関連して発現変動する単一の「マイクロRNA」を悪性度の高い未分化がんに導入したところ、容易に悪性度を喪失させることができ、正常幹細胞へ形質転換できることを発表した。
 
 成果は、鳥取大 医学部病態解析医学講座 薬物治療学分野の三浦典正 准教授らの研究チームによるもの。研究の詳細な内容は、124日付けで英オンライン総合学術誌「Scientific Reports」に掲載された。
 
 三浦准教授は、自身のクローニングした遺伝子がRNA遺伝子であり、がんの第1抗原と目されてきた「ヒトテロメレース逆転写酵素遺伝子(hTERT)」と関連して、特に未分化なヒトがん細胞において、その発現を制御させる性質を持つ特異な遺伝子として、また発がんやがんの悪性度に関わる遺伝子として機能解析をこれまでしてきた。
 
また、「未分化型悪性黒色腫」でも当該RNA遺伝子が増殖抑制できることを、製剤候補として「ハイドロゲル」や「アテロコラーゲン」を用いて確認してきた。そして今回、そのRNA遺伝子を「shRNA法」という遺伝子発現を抑制する手法により、10種程度のヒトマイクロRNAによって発現変動することが究明されたのである。そしてその11つをがん細胞の中へ導入することで、最もがんを制御できる有効なものが検討された次第だ。その結果「miR-520d」が三浦准教授らが"驚異的"とも表現する現象を誘導したのである。
 
20122月に、京都大学の山中伸弥教授らが当初iPS作製に使用した「293FT細胞」、または未分化な肝がん細胞、膵がん細胞、脳腫瘍、悪性黒色腫細胞で、球状の幹細胞または「がん幹細胞様」の細胞へ容易に変化させ、その細胞は「P53」というがん抑制遺伝子を高発現していることが見出されている。それまでは、マイクロRNAのがんや再生医療の報告として、「miR-302family、「miR-369」「200c」に関して多数種の併用でリプログラミングの試みがなされているが、1つでこのような効果をもたらす報告はなかった。
 
 今回の研究では、まず未分化な肝がん細胞がmiR-520dにより、12時間程度でP53NanogOct4陽性の細胞へ変化し、miR-520d導入細胞がマウスでそのがんとはまったく異なる組織(奇形腫や正常肝臓組織)を形成したり、腫瘍をまったく形成しなかったりすることが確認されたのである。高分化型がんでも1カ月程度で同様の細胞へ変化することも判明した。
 
このことは、悪性度の高い低分化なものほど容易に良性形質になりやすいことを意味するという。この結果からメカニズムの解析が進められると同時に、治療的効果の検討も行われており、脱メチル化による脱分化誘導がその原因の1つであることが証明された。
 
ほかのがんでも派生元の細胞の性質をより強く持つまったく異なる細胞へ形質転換できることから、多くの未分化ながん細胞で有用な分子であることがわかったとする。たった1つの生体分子が、このように劇的にがん細胞の状態を変えてしまうことは、がん根絶の夢が目前に来ており、この領域の研究および製剤開発が推し進められることで早期に実現する可能性が高まったとした。
 
 下の画像は、今回開発された技術の位置関係を表した模式図だ。高分化な正常細胞から、高分化ながん細胞、中分化ながん細胞、低分化ながん細胞、未分化ながん細胞が発生し、分化度の異質ながん細胞が混在することが多い。しかも、この中にはがん幹細胞が含まれている。今回の技術は、「特にがん幹細胞比率の高い未分化型がん細胞から、正常幹細胞を誘導でき、その後、生体環境に適応して分化も進む」、ということを示しているという。
 
 医療の現場では、がん細胞は集学的に研究や治療が試みられており、がん幹細胞の根絶が困難なために、再発が担がん患者の心身を蝕んでいる。20mer(1merDNAの塩基1個のこと)という今回の小さなRNA分子のメリットは、がん幹細胞への感受性が高いことで、ほかに治療法のない末期的な担がん状態に奏効すること、また抗がん薬で有効でなかったがん細胞にがん治療の「アジュバント療法」(メインの療法を補完するもう1つの療法のこと)として奏効する可能性が極めて高いことだ。
 
このRNAからなるがん細胞へ送達できる製剤との併用により、従来にない作用機序の医薬品としての応用が期待できるという。またがんに対する核酸医薬の中心的な役割を果たすことが期待できるとする。さらにP53の発現を誘導することから、再生医療でもiPS細胞の品質管理などに応用できる可能性があるとした。
 
(デイビー日高)


転載元: kat*r*giki*iem*nnのブログ

2014/01/29

ノロもインフルも柿渋で完全消毒





皆さんこんばんは。昨日16日、浜松市の14の公立小学校で、合わせて905人の児童が相次いで

下痢や嘔吐などの症状を訴えて学校を欠席し、12校が学校閉鎖、2校が学級閉鎖となったそうです。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140116/k10014535541000.html

そしたこれまでに調べた17人の児童のうち、11人からノロウイルスが検出されたとか。なんだか

ノロウイルスをばら撒いた奴がいるんじゃないか? と思いたくなるくらい局地的な感染ですよね。

そんな中、チームロケットの隊員さんから、ノロウイルスはもちろんの事インフルエンザウイルスや

ポリオウイルスまで99%不活化するという、万能薬について教えていただきました。



それは、「柿渋」です。柿渋とは、渋柿の未熟な果実を粉砕、圧搾して得られた汁液を発酵・熟成

させて得られる、赤褐色で半透明の液体のことで、柿タンニンを多量に含み、平安時代よりさまざまな

用途に用いられて来た日本固有の材料である。発酵によって生じた酢酸や酪酸等を原因とする臭み

を完全に取り除いれた無臭柿渋(柿タンニンの量は変わらず)も、色々販売されているとのことです。

私も柿は大好きで、出回り始めるとすぐに買ってきて食べます。干し柿も美味しいですよね(^^)



この柿渋のウイルス撃退効果については、広島大学でかなり詳しい研究が行われており(下記URL)、

12種類のウイルスを、柿渋タンニンが囲んで不活化してしまうという、驚異の効果を発揮するよう

です。スプレータイプの柿渋消毒剤も出ていて、アルコール除菌よりも強力だそうです。まあもともと

インフルエンザなども、ワクチンで感染させる非道なことが行われてきたのですが、そろそろそんな

ゆがんだ時代も終わりです。日本古来の柿POWERで、ウイルス全然怖くない!!!\(^o^)/



<柿渋に関する参考情報ページ>

http://www.hiroshima-u.ac.jp/gsbs/kenkyu_syokai/shimamoto/

http://matome.naver.jp/odai/2136089958026503001

http://blog.goo.ne.jp/syodou_yamakitiman/e/6eebabd3df77be8c0a9a3571963d0835

---------------------------------------------------------------------------------------


転載元: 遠隔霊視と宇宙のネットワーク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。