2014/03/08

見てはいけないものを・・・見てしまった(^^;

いけないものを見てしまったかも…美容ツールを使う戦前の女性たちの写真14枚



時代が変わろうとも、女性の美を追求する気持ちには果てしないものがあります。
しかし科学の未発達だった昔は、今の常識からはずいぶんと違った美容方法や器具が使われていたようです。
1920~1940年頃に使用されていた、(ちょっと恐ろしい)美容器具の写真をご覧ください。
 
 
 
 
 
 
1.


拷問器具にしか見えないこちらは30代女性に人気だったという、
「そばかす除去装置」
ドライアイスで冷却するため、目・鼻・口をふさいでいるようです。

2.


1920年代に作られたこちらは、短時間に髪を乾かせる
「巨大ドライヤー」

3.


1929年のドイツで活躍した、
「パーマ装置」

4.


マックスファクターが1930年に開発した、
「化粧を微調整する装置」

5.


1940年代に開発された、温熱によって顏の血行を促す
「美肌マスク」

6.


1940年代に開発された、金属スプリングに通すことで脚を細くする、
「美脚マッサージチェア」

7.


1940年代のサロンで、
「美容トリートメント」

8.


1940年代の、
「日焼け防止マント、サングラス付」

9.


戦前の、
「ファッショナブルなカール・ヘアスタイルを実現する過熱装置」

10.


1930年代の、
「フルーツ・パック」

11.


高地の気圧を実現することでバラ色の顔色にする、
「グラマー・ボンネット」
40代女性に人気。

12.


1930年代の、シミを消してくれる
「真空ポンプ吸引器」

13.


1920年代の、
「シワ取り美容マスク」

14.


パーティに行く40代のハリウッドスター御用達だった、
「二日酔い天国の顔パック」

以上14点。
今の美容法とはかけ離れたギョッとするものが目立ちますが、少しでも綺麗になりたいという願望は、どの時代でも変わることはないのでしょうね。
 
 
 
 
 
 
 
なんだか恐怖を覚える(^^;
 
1番はなんだありゃ??
 
二番はホームセンターで売っている枯葉飛ばしのブロワーじゃね~か??(笑
 
 
いや~恐るべし女性の美の追求
 
(^^)


転載元: ローリーJ 夢の彼方へ!

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。