2014/07/17

●非難しない




他人を「気が利かない」と非難する人は、自分よりも気が利く人から「お前
は気が利かない」と非難されても、文句を言ってはいけません。他人を知
識が浅いとバカにする人は、自分よりも教養のある人からバカにされても、
仕方がありません。そう考えると、私たちは、うかつに他人を非難してはい
けない、非難する資格などない、ということに気づきます。

●たかた まさひろ(作家)

「違う感性で生きる人を、受け入れることを学びましょう。非難することは、未熟な心
をあらわにしているのです。」by 海原純子



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ(文字をクリック)
↑押してくれて☆ありがとう☆^^
.
※文四郎の「一日一文」(携帯用)の読者を募集中です!
☆もちろん登録は無料です。
毎日7時に、あなたの携帯へ「一日一文」が届きます↓
http://www.mag2.com/m/M0075304.html

※「一日一文」(PC用)はこちら↓
http://www.mag2.com/m/0000254179.html


転載元: 文四郎の「一日一文」

スポンサーサイト
2014/07/05

●生き抜いていく地力




芝生は雑草がなくなると枯れてしまうという。人間も体の中にいろいろ
な菌がなかったら死んでしまう。きれいにそろっているものは弱いのだ。
私たちはそれほど美しくもないし、完璧でもない。多様でごちゃごちゃし
たものを併せ持っている人こそ、生き抜いていく地力があるというべきで
はないだろうか。

●斎藤茂太(さいとう・しげた*精神科医、作家)

「きれいな水の中では、蓮の花は咲かないんです。人間も、何もかも調子よくとんとん
拍子にいきますと、大成しないんですね。逆境に遭って初めて花が咲き、実が実ってい
くのです。」by 松原泰道




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ(文字をクリック)
↑押してくれて☆ありがとう☆^^
.
※文四郎の「一日一文」(携帯用)の読者を募集中です!
☆もちろん登録は無料です。
毎日7時に、あなたの携帯へ「一日一文」が届きます↓
http://www.mag2.com/m/M0075304.html

※「一日一文」(PC用)はこちら↓
http://www.mag2.com/m/0000254179.html


転載元: 文四郎の「一日一文」

2014/06/27

●自分の心に従う




自由に生きたいように生きていいのです。人の意向にそって生きること
はありません。自分の心に従って生きてください。人に後ろ指を指され
てもいいのです。自分の感覚が一番正しいのです。

●山川紘矢(やまかわ・こうや*翻訳家)

「好きに生きたらいいんだよ。だって、君の人生なんだから。」by ジョン・レノン



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ(文字をクリック)
↑押してくれて☆ありがとう☆^^
.
※文四郎の「一日一文」(携帯用)の読者を募集中です!
☆もちろん登録は無料です。
毎日7時に、あなたの携帯へ「一日一文」が届きます↓
http://www.mag2.com/m/M0075304.html

※「一日一文」(PC用)はこちら↓
http://www.mag2.com/m/0000254179.html


転載元: 文四郎の「一日一文」

2014/04/16

●主体的になる




主体的になるということは、相手に依存するのではなく、自立をするという
ことです。相手の状態がどうであれ、自分がすべきことにベストを尽くすと
いうことなのです。一方、受け身なスタンスというのは、相手に依存してい
るわけですから、相手が自分の期待どおりでないと、それに不満を感じた
り腹を立てたりします。

●野口嘉則(のぐち・よしのり*「鏡の法則」著者)

☆『心理学でも、「主体的に行動すると、 私たちの信念はずっと強固なものになる」と
いうことが解 っています。主人公はあなた自身です。』by 飯塚保人



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ(文字をクリック)
↑押してくれて☆ありがとう☆^^
.
※文四郎の「一日一文」(携帯用)の読者を募集中です!
☆もちろん登録は無料です。
毎日7時に、あなたの携帯へ「一日一文」が届きます↓
http://www.mag2.com/m/M0075304.html

※「一日一文」(PC用)はこちら↓
http://www.mag2.com/m/0000254179.html


転載元: 文四郎の「一日一文」

2013/12/31

●失敗を恐れない




失敗したって構わない。反省してまたやり直せばいいし、新しいものは失敗か
らしか生まれない。ペニシリンも、電球も、LEDだって、山のような失敗の果てに
見つかったのだから。

●澤田秀雄(さわだ・ひでお*株式会社エイチ・アイ・エス取締役会長)

☆「間違いと失敗は我々が前進するための訓練である。」by ウィリアム・チャニング



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ(文字をクリック)
↑押してくれて☆ありがとう☆^^
.
※文四郎の「一日一文」(携帯用)の読者を募集中です!
☆もちろん登録は無料です。
毎日7時に、あなたの携帯へ「一日一文」が届きます↓
http://www.mag2.com/m/M0075304.html

※「一日一文」(PC用)はこちら↓
http://www.mag2.com/m/0000254179.html


転載元: 文四郎の「一日一文」

2013/12/27

美しい音と世界・・・クラシック小品3曲~武田邦彦


 
 
美しい音と世界・・・クラシック小品3曲


先回、日本の歌を3つ上げたが、ヨーロッパで大きく花開いたいわゆる「クラシック」も音の美しさ、構想の大きさ、哲学性などで世界の音楽のトップクラスであることは間違いない。
 
音楽好きな私は歌謡曲、日本の歌、シャンソン、ジャズ・・・なんでもOKだが、やはり音楽性という点ではクラシックは人間の作品のうち、特に優れているように思う。その中でも比較的、軽い3曲を選んでみた。
 
まず、ベートーベンのピアノソナタ「月光」だ。緩やかな三連符で始まるこのソナタの第一楽章を聞いていると、木材で作られた部屋の中からガラスがはめられていない天井付近の小さな窓から月の光がこぼれてくる錯覚にとらわれる。
 
曲自体は後半にかけて激しい調子に代わっていくけれど、「この曲に感激しなくなったら自分の感性も終わりだな」と思うことがある。
 
2番目はショパンの「幻想即興曲」。この曲を最初に聞いた時の驚き、それは今からすでに50年ほど前になるけれど、心の底からびっくりした。なんという美しい曲か!なんという躍動感と寂しさだろう!
 
今ではやや複雑な気持ちで聞く。ショパンの音楽というのはやはり退廃したヨーロッパの味がする。貴族的退廃が悪いわけではないが、骨太の農民の歌と比べると、一面的な美しさだけのようにも感じられるからだ。
 
芸術は「お金持ち」がいなければならないから、現在でいうところの「搾取」がないとなかなか芸術が育たないというところが難しいが、パリに比べてお金持ちの貴族と中世さながらの農奴が混在していたロシアでは、また独特のクラシックが生まれている。
 
その旗手がチャイコフスキーだが、彼の音楽は私は実に奇妙だと思うことがある。重厚なメロディーが続いたと思ったら突如として軽く美しいリズムが刻まれる。その中でもバレエ組曲「くるみ割り人形」の「花のワルツ」ほど美しくおとぎ話そのもののメロディーはないと私は思う。
(花のワルツのアドレス)
 
 
この世に妖精の舞う天国があるとしたらこんな音楽が流れているのではないかと思うほどで、高校の頃、この曲をレコードで聞いた時の驚きを今でも覚えている。
 
美しい曲はそれだけで十分なのだが、なぜ20世紀になって「美しいクラシック曲」が作曲されなくなったのか、時々不思議に思う。音楽は作り手(作曲家)と聴き手がいないと成り立たないから、ベートーベンがいなくなったのか、それとも聴衆となっていた貴族がいないのか、それとも電子機器の発達で演奏会に行かなくても手軽に音楽を聴くことができるようになったからなのか、いつも考え込んでしまう。
 
すでに「月光」、「幻想即興曲」、そして「花のワルツ」を聞いて感激する人がいなくなったとも思えない。当時でもいわゆる歌謡曲やポップスのたぐいの俗曲はあったのだし、現在の私たちは当時の貴族とそれほど生活が違うわけでもない。
 
私は今、現代に作曲される曲で「一人の男性が歌う歌」を聞いたことがないぐらいだ。かつてのテノールのディスカウ、シャンソンのシナトラ、プレスリーに相当する歌手はいるように思うが、5人ぐらいの団体でダンスを伴わないと流行しない社会になっている。その理由はまたゆっくり正月にでも考えることにしたい。
 
(平成251223日)
 

武田邦彦


転載元: 天地の超常現象

2013/12/27

●非難しない




否定や非難では相手は変わらない。たとえ、あなたが正しくて、相手が間違っ
ていたとしても。

●伊藤 守(いとう・まもる*株式会社コーチ・トゥエンティワン代表取締役)

☆「違う感性で生きる人を、受け入れることを学びましょう。非難することは、未熟な心を
あらわにしているのです。」by 海原純子



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ(文字をクリック)
↑押してくれて☆ありがとう☆^^
.
※文四郎の「一日一文」(携帯用)の読者を募集中です!
☆もちろん登録は無料です。
毎日7時に、あなたの携帯へ「一日一文」が届きます↓
http://www.mag2.com/m/M0075304.html

※「一日一文」(PC用)はこちら↓
http://www.mag2.com/m/0000254179.html


転載元: 文四郎の「一日一文」